「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」

レイダース/失われたアーク《聖櫃》 (1981)
RAIDERS OF THE LOST ARK
監督:スティーヴン・スピルバーグ
原案:ジョージ・ルーカス、フィリップ・カウフマン
脚本:ローレンス・カスダン
出演:ハリソン・フォード、カレン・アレン、ウォルフ・カーラー、ポール・フリーマン、ロナルド・レイシー

<ストーリー紹介>
お宝をめぐって善玉と悪玉が戦うお話。

<感想>
キャメロン・ディアスがアクターズ・スタジオ・インタビューに出演していたときに、この映画が大のお気に入りで、30回以上観たと言っていました。
私が見たのはずっと昔(80年代後半)に1回だけで、世間の評判ほど面白い作品だとは思わなかったのですが、いま見れば、映画の見方も変わってきているし、また異なった感想になるかもしれないと思って鑑賞したのですが・・・。

やはり、「人生いろいろ、会社もいろいろ、映画の好みもいろいろ」 としか言えません。

観客の心を掴もうとするアイデアが満載で、その瞬間瞬間は楽しめるのですが、それ以外の部分がつらかったです。

よく考えもせずにアドベンチャー専門店(しかも一流の専門店)に入ってしまったこと、そして、その時の気分に支配される映画の見方をしていること。この2点を反省材料にして、今後の映画鑑賞に役立てたい所存にございます。
[PR]
by beertoma | 2005-09-04 04:58 | 映画


<< 横浜vs阪神19回戦 今岡のコメント >>