阪神vs広島19回戦

昨日の今日ですから、広島の選手たちは怒りを胸に秘め、仁義なき戦いを仕掛けてくるに違いない。簡単には勝たせてもらえないはずだ。タフな試合になるぜ。そう怯えていたのですが、むこうはむこうで我が軍のことを怯えていたのか、あっさりと攻略できてしまいました。

レイボーンの立ち上がりを攻めて、ちょっと前までの中日のような連打で一挙に5点(赤星の、落ちる球を上手く拾ったヒットが大きかった)。2回にも3点。これですべてのタイガースファンの心が軽くなったのではないでしょうか。そのあとも、今岡の通算100本塁打が出るわ、杉山がプロ入り初完封をするわで、これを楽勝と言わずして何を楽勝と言うんだい? という試合でした。


<今日の今岡くん>
第1打席。高めの球を矢野のような打ち方でライト前ヒット。
第2打席。内角低めのストレートをレフト線に2塁打。なんであのコースの球があのスイングであそこに転がるのかがイマイチよくわからない。「どさくさにまぎれて2塁打にした」という印象。
第3打席。「新しいスイングを思いついたんやけど、いっかい試してみよ」といったノリでホームラン。
第4打席。レフトに2塁打。( ← 余裕かまして巨人を応援していたのでよく見てませんでした)
[追記] 第4打席の2塁打をビデオで確認しました。「2打席目のやつな、あれ、自分でもどう打ったか覚えてへん。もっかいやってみよ」ってな打ち方でした。(ピッチャーが左腕の広池だったので、レフト線に飛ぶのは納得できました。)


<今日の矢野くん>
何事もなかったかのように先発して、何事もなかったかのようにヒットを打っていた。とりあえずは一安心。
ただ、ときどき、あの「泥酔している人みたいなスイング」をしていたのが気になる。


<今日のゲーム差>
上原様、清水様、阿部様のご好意により、ゲーム差を6とさせて頂くことになりました。ありがとうございます。

落合監督は、4ゲームがいちばん面白いゲーム差だと言っていたが、それはあくまでも中日側から見た一方的な話であって、阪神サイドからすれば、いちばん面白いのは8ゲーム差以上だと思われる。

中田、川上が投げて中日が連勝 → またまた連勝街道まっしぐら という最悪のシナリオも考えられる。関係各方面はくれぐれも用心されたい。



9/11(日)阪神vs広島19回戦 (甲子園18:00)

広 島  0 0 0  0 0 0  0 0 0   0
阪 神  5 3 0  2 0 0  0 0 X  10

 杉山(8勝5敗)
 レイボーン(2勝4敗)
 [神] 今岡 25号(4回2ラン)
[PR]
by beertoma | 2005-09-12 05:32 | 阪神タイガース


<< 矢野はスゴイ 阪神vs広島18回戦 >>