阪神vs中日22回戦

先日までの連敗で、中日ハリケーンズの勢力はカテゴリー1にまで落ちていました。ところが、一昨日・昨日の連勝で栄養を与えてしまったため、一挙にカテゴリー3にまで発達。今日負ければカテゴリー4になるところでした。

そこに立ちふさがったのが、今年の阪神タイガースの定番、下柳+JFKの好投と金本のホームランです。岡田監督もインタビューで語っていたように、今年の阪神を象徴する試合でしたね。(今岡の打点がなかったのは寂しいですが)

試合が始まる前は、今日あたり、下柳が打ち込まれるんじゃないかと不安でたまらなかったので、心の底からホッとしました。

この3日間はホント長く感じました。今シーズンで一番長い3連戦だったのではないでしょうか。

この敗戦で中日の選手たちは、途轍もなくガックリきているはず。今度こそ中日温帯低気圧ズになってくれることでしょう。


<今日の矢野くん>
今日はテレビを見ることができなかったので、詳細は不明。
ただ、ヒットを1本打っているようなので、バッティングフォームから推察されうる血中アルコール濃度は、ゼロに向かっていると判断したい。



9/21(水)阪神vs中日22回戦(最終戦) (甲子園18:00)

中 日  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
阪 神  0 1 0  2 0 0  1 0 X  4

 下柳(13勝3敗)
 川上(11勝7敗)
 [神] 金本 38号(2回ソロ)
[PR]
by beertoma | 2005-09-22 04:50 | 阪神タイガース


<< 「インファナル・アフェア II... 阪神vs中日21回戦 >>