日本シリーズに備えて

シリーズまで試合のない日が続く。今年一番といってもいい、好調なチーム状態を維持するために、何らかの形で試合をすべきではないだろうか。
どこかのチームが相手になってくれればベストなのだろうが、この時期、そんな酔狂な人々がいるとも思えない。帰り支度をしているときに残業を言いつけられるようなもの。いつも笑顔のOLだって眉間にシワがよる。

やはり、相手はタイガースの二軍だろう。ただし、そのままの 一軍×二軍 の試合では、選手たちも気合が入らないだろうし、見る側にとっても面白みに欠けたものとなってしまう。(もちろん、お客さんを入れて試合する)

というわけで、以下のような形で紅白戦を行なうのはいかがでしょうか。


<2005秋 阪神タイガース紅白戦>

紅チーム:二軍の投手陣+一軍の野手陣
白チーム:一軍の投手陣+矢野+二軍の野手陣

テーマは、「矛盾」
十二球団一の矛で十二球団一の盾を突けばどうなるのか? 誰もが見てみたい夢の対決がここに実現!
最強の打者たちに立ち塞がるのは最強の投手たちだ!!

藤川 VS 金本 (力と力の対決。これぞ男の勝負だ!)
下柳 VS 今岡 (どのコースに投げるかわからないピッチャー 対 どのコースを打つかわからないバッター)
ウィリアムス VS 藤本 (アテネでの借りをここで返してやるぜ!)
桟原 VS スペンサー (クセ者対決)

などなど。マニアならよだれの出そうな対決が目白押し。

心配なのは、徹底した内角攻めで打者をダメにしてしまう、ということくらいでしょうか。
(日ハムとの対戦で野口のリードが小笠原をスランプに追い込んだように)

ある意味、日本シリーズより楽しみな一戦だと思います。
[PR]
by beertoma | 2005-10-06 05:21 | 阪神タイガース


<< 井川がメジャーで、村上が上場で 阪神vs横浜22回戦 >>