井川がメジャーで、村上が上場で

<野球に飽きたのかもしれない>
井川のホームページのメッセージを読んでいると、今年で阪神のユニフォームを脱ぐという意味にも取れる。やはりメジャー行きは決定済みなのか。

それとも、ひょっとして、今話題になっている、村上世彰氏が率いる投資ファンドの動きと何か関係があるのかもしれない。
実は村上氏と井川との間に「おい村上」「はい坊ちゃん」的な関係がある、という可能性はないのだろうか。
「どうなってる村上」「はい坊ちゃん、ご希望通り来年は球団社長になれますですよ」といった会話があって、次期球団社長に井川が就任することで内定しているのかもしれない。

来シーズン「おい岡田」「はい井川社長」という事態になっても、私は驚かない。


<大阪マラカナン球場を>
株式上場して球団に巨万の富が転がり込んだら、新外国人とかはいいから(金使っていい選手を大量に集める時代は終わった)、是非とも新スタジアムを作って欲しい。交通の便のいいところに、ブラジルのマラカナン・スタジアムみたいな20万人くらい収容できるやつ。
これならチケットも手に入りやすくなるだろうし、20万人によるヒッティングマーチは聞き応え充分のはず。死のロードだって完全消滅だ。

もちろん、メインに使用するのは甲子園である。甲子園は、すべての野球ファンにとって「聖地」。サッカーでいえばイギリスのウェンブリースタジアム。下着でいえば勝負下着のような存在。
ふだんは甲子園でゲームを行い、土日とか夏休みとか、大勢のお客さんが集まるときに、大阪マラカナン球場を使用する。

これなら全ての阪神ファンが、株式上場に賛成するのではないか。
[PR]
by beertoma | 2005-10-07 05:47 | 阪神タイガース


<< 「ハルとナツ」 日本シリーズに備えて >>