日本シリーズの予想

贔屓目と欲目を総動員して希望的観測でまとめあげたものですが、日本シリーズの予想をしてみたいと思います。

「阪神の4勝1敗」です。

本音を言えば、阪神の4勝0敗といいたいところなのですが、さすがにそれは、「この人、イタイ」と思われるだろうから、自粛の意味をこめて1敗させました。

理由は前にも書いたように、
(1)2003年の日本シリーズの阪神
(2)交流戦でロッテと対戦したときの阪神
(3)現在の阪神
 を比べれば、現在のタイガースが一番強い(ように思える)のに、
(1)2003年の日本シリーズのダイエー
(2)交流戦で阪神と対戦したときのロッテ
(3)現在のロッテ 
 を比較すれば、現在のロッテが一番弱い(ように思える)からです。

今年の阪神は、昔の巨人のように、芯から強いチームです。巨人が日本シリーズをホイホイ勝ち進んだのなら、阪神もホイホイいくでしょう。


<勢いについて>
評論家の予想などでは、プレーオフで勢いがついた分ロッテが有利という意見が多いようですが、はたして本当にそうなのでしょうか。
「プレーオフの勢い」の有利さを生かすためには、阪神に勢いをつけさせないことが必要です。それはつまり、阪神打線を封じるということだと思うのですが、ロッテは第一戦の先発に渡辺俊介ではなく清水直行を持ってきました。交流戦での対戦を振り返れば、阪神にとって組み易いのは清水直行です。
清水投手には失礼ながら、バレンタイン監督からの「同じ勢いで戦いましょう」というエールなのかもしれません。

一方こちらの先発は、大黒柱の井川です。チームの滑り出しが上手くいくよう、ノーヒット・ノーランまがいのことをやってくれるにちがいありません。

第一戦は、ごっつぁんゲームでしょう。勝たなくてどうする。
[PR]
by beertoma | 2005-10-22 06:34 | 阪神タイガース


<< 菊花賞予想 連続ドラマ「相棒」 殺人講義 >>