日本シリーズ 第1戦

なんで世の中というものは思い通りにならないんでしょうね。イヤになってしまいます。

今シーズンのタイガースは、先発ピッチャーがゲームを作っているうちに金本・今岡に長打が出て得点する、というパターンで勝ってきました。今日のように、先発が打たれ金本・今岡が鳴かず飛ばずではどうしようもありません。
見方を変えれば、ピッチャーもダメならバッターもダメという、投打の噛みあった綺麗な敗戦でした。(濃霧でコールドというのも絵的には綺麗でした)


期待していた井川ですが、打ち込まれてしまいましたね。残念です。先頭打者の西岡を三振にとり、完全試合まであと26人だったのですが・・・。
ノーヒットノーランもどきは、次に期待しましょう。


金本・今岡のバッティングも心配です。もちろん、清水直行のピッチングが素晴らしかったのは事実ですが、二人ともあそこまで抑えこまれるバッターでもないと思います。
ゲーム勘が戻っていないというのもあるでしょうが、それよりも、気温が16℃と低かったので身体が思うように動かなかったのではないでしょうか。
想像したくないことですが、もし、シリーズ中もこのまま不振が続くようなことがあれば、今後のこともありますから、寒さ対策をしてもらわなければなりません。寒い中では普段どおりのバッティングができないというのなら、今年のオフには「世界ウルルン滞在記」にでも出演して、北極圏に滞在してみるのもいいかもしれません。(極寒の村に滞在して、そこで野球を教える。エスキモーのお父っつぁんに「マコートは本物の息子のようだ」と抱きつかれる。)
アザラシの生肉、食うのがイヤやいうんったら、打ってくれ!



日本シリーズ 第1戦
10/22(土)ロッテ vs 阪神 (千葉マリン 18:15)

阪 神  0 0 0  0 1 0  0  1
ロッテ  1 0 0  0 3 1  5X 10
(7回裏1死濃霧コールドゲーム)

 清水(1勝0敗)
 井川(0勝1敗)
 [ロ] 今江 1号(1回ソロ) 李 1号(6回ソロ) 里崎 1号(7回3ラン) ベニー 1号(7回2ラン)
[PR]
by beertoma | 2005-10-23 06:15 | 阪神タイガース


<< 菊花賞反省 菊花賞予想 >>