天皇賞(秋)反省

神はどこまで私に試練を与えようというのか。日本シリーズのショックを忘れようと、天皇賞の予想に命を削ったというのに。

天覧レースだからコテコテの日本語馬名の馬が勝つかもしれないと思いつき、ロブロイから浅草田園への馬連も買い足してTV観戦しておりました。
直線半ばでダンスインザムードが他馬を引き離しにかかったときには、「ほら見てみぃ、やっぱり強いやんけ!」と狂喜しました。「あとはロブロイや。来い!」
ところがロブロイ、一人で来ればいいものを、ヘヴンリーロマンスなんか連れてきたもんだから、夢は砕け散ってしまいました。大ハズレです。

「Aを交わしたゼンノロブロイが、Bに交わされギャフンと言う」のはお告げのとおりでしたが、A、Bを聞き間違えてはこちらがギャフンです。(古いパターンですみません)

ダンスインザムードは抜け出すのが少し早すぎたような気もしますが、それでも今日のペースでは3着止まりだったでしょうね。直線ではムチを嫌がって尻尾を振っておりました。
ホオキパウエーブはせっかくのスローペースを生かせませんでした。しかしながら、我がホオキパウエーブ研究所といたしましては、これからも白装束で応援していきたいと思ってます。
[PR]
by beertoma | 2005-10-31 04:51 | 競馬


<< 「彦馬がゆく」 天皇賞(秋)予想 >>