「リンカーン」 #4

リンカーン 
11/08(火) 22:00 -- 22:54  毎日放送
司会: ダウンタウン
レギュラー出演者: さまぁ~ず、雨上がり決死隊、キャイ~ン、山口智充
ゲスト: レギュラー 飯尾和樹 インパルス おぎやはぎ 竹山隆範 品川庄司 次長課長 スピードワゴン 南海キャンディーズ バナナマン ビビる大木 フットボールアワー ほっしゃん。


<ネタの影武者 勝手にベスト10>
「ある芸人の持ちネタをほかの芸人が考えていくコーナー。今回「レギュラー」のあるあるネタをレギュラーメンバー他、芸人10人が考えます。 それらを「レギュラー」本人には、誰が考えたネタなのかを伏せて事前にランキングしてもらい、スタジオで発表していきます。 」
リンカーンの番組サイト より)

私的ベスト3は、
スピードワゴン・小沢の「死体を 探しに 森へ行く」
さまぁ~ず・大竹の「辛抱 できずに 手を離す」
おぎやはぎ・矢作の「サラダが 来るのが 遅すぎる」

最下位に選ばれたのは雨上がり決死隊・宮迫。最下位には罰ゲームがある。本人がその場で実演するというもの。(それ以外の作品は、レギュラーが客の前で実演したVTRを使用していた)

お色直しを終えた宮迫が登場。レギュラー・松本の衣装に身を包んでいる。渾身のネタを披露。
「ウンコを かわして 足ぐねる」
だだスベリ。クラシック演奏会のような静寂。
両手で顔を覆い、弱々しく「幕を閉めてくれ」と言う宮迫。
ダウンタウン・松本が「事故や! 事故現場や!」と叫ばなかったら、場が息を吹き返すことはなかっただろう。

たいへん面白かったが、やや後味の悪さも残った。
宮迫は「マジで凹みすぎ」ではないか。落ち込む姿が笑いになる芸人もいるが、彼の場合、落ち込み方が深刻すぎて、「気の毒だ、可哀想だ」と思ってしまう。(そういう作戦なのかもしれませんが)。
この分野の第一人者・山崎邦生氏に師事して、「見ててオモロイ落ち込み方」の習得に努め、芸域を広げていただきたい。

<合成フォトリンピック NO.1決定戦>
「芸能人(今回:温水洋一・的場浩司)の写真を使い、面白い合成写真を考えてスタジオで披露するコーナー。」(同サイトより)

こういう企画は、面白さの上限が決まっていて、誰がやっても大爆笑にはならないような気がする。

フットボールアワーも作品を発表。そのとき事件は起こった。何の前触れもなくダウンタウン・浜田がフットボールアワー・岩尾に強烈なビンタ。
岩尾は呆然と浜田を見つめるだけ。そのあとのリアクションが面白くなかったのか、この場面はここでカット。すぐに次の作品に変わった。

たしかにあのビンタはひどい。松本も顔をそむけていた。
しかし、あれは岩尾にとって大チャンスではなかったか。ダウンタウンと友達になろうの企画で才能の片鱗を見せつけたばかりである。あそこで何かオモロイ一言を発して、存在感のダメ押しをしてほしかった。(ビンタをきっかけにして再び松本にタメ口をきき出すとか)
あのビンタは、中田英寿がフォワードに出すパスのように情け容赦のないものだったが、それに挫けず、ぜひともゴールを決めてほしい。そうすれば、お笑い日本代表的なものに定着できるはずだ。
[PR]
by beertoma | 2005-11-09 06:27 | お笑い


<< 相棒 第5話 「悪魔の囁き」 阪神タイガース優勝パレード i... >>