エリザベス女王杯予想

刻一刻と気難しくなりつつあるスイープトウショウは、今回も出遅れると思います。去年出遅れたということはあのスタート地点に何かあるんでしょう。
そんなに速いペースにはならないでしょうから、いくら追い込んでも4着が精一杯ではないでしょうか。
私としましては、有馬記念で狙いたいので(ディープを差せるのはこの馬しかいない)、ここでは謎の凡走をしてくれることを願ってます。

エアメサイアも評価を下げます。あのラインクラフトと二度にわたる名勝負をして二度とも勝った馬ですから、人気になるのも無理はありません。しかし、そのラインクラフトの評価がなぜ高いのかを考え直す必要があるのではないでしょうか。
つまり、ラインクラフトのセールスポイントはNHKマイルカップで牡馬を一蹴したことです。でも、よくよく考えてみれば、マイルカップに出走していた牡馬というのは、3歳の「ディープインパクトとその他大勢世代」にしかすぎないのです。そのあたりの馬に勝ってもあまり威張れないのではないでしょうか。

ヤマニンアラバスタも評価を下げます。いくらなんでも4連勝はないでしょう。


◎ アドマイヤグルーヴ (この前の天皇賞は17着でしたが、上り3F33.3で走ってます)
○ レクレドール (何となくこわい)
▲ サミットヴィル (人気薄の外タレには気をつけろ)
△ オースミハルカ (今年も逃げます粘ります)
△ ウィングレット (休み明けもなんのその 実力馬のお出ましだ)


アドマイヤグルーヴから他の4頭へ。馬連とワイドで流します。
[PR]
by beertoma | 2005-11-13 06:06 | 競馬


<< エリザベス女王杯反省 『夏樹静子ミステリー アリバイ... >>