エリザベス女王杯反省

くっそぉー、やっぱり跳んできやがったか。

最後の直線、アドマイヤグルーヴが馬群から抜け出し、逃げるオースミハルカに迫ろうとしたところまでは、読みどおりだったのですが、幸せな気分もほんの一瞬だけでした。そのすぐ横を、スイープトウショウが別次元の脚色で駆け抜けていきよりました。

オースミハルカ陣営には気の毒としか言いようがない敗戦でした。ずっと首位を走ってきたのに、最後の最後での逆転負けです。
でも、今日のレースをして逃げ切れなかったのだから、実力の差なんでしょう。

アドマイヤグルーヴがあそこから伸び切れなかったのは、年齢的なものか流れ的なものか。

危機管理対策としてワイドも購入していたのでちょいプラスでした。


有馬記念でスイープを狙うという案はいったん白紙に戻します。今日の勝利で、(もし有馬に出れば)3番人気くらいになってしまうと思われます。
[PR]
by beertoma | 2005-11-14 05:56 | 競馬


<< 『救急救命士・牧田さおり』 エリザベス女王杯予想 >>