ジャパンカップ予想

今年は外国馬がこわい。
馬単でロブロイを2着に固定して外国馬から流せば当たるような気もします。

01 マイソールサウンド  いくらクセ者といっても、ここでは力不足でしょう。
02 タップダンスシチー  タップは本当に終わってしまったのか。これまで速いペースで逃げていたのに、前走の天皇賞では自分からペースを落としたというのが、どうも気にかかりますが、かといって無視するわけにはいかないでしょう。タップを切るくらいならリンカーンを切ります。
03 ウォーサン  外国馬。去年に続き二度目の出走。20馬身差の12着だったのをどこまで挽回できるか。でも、3着以内は考えられません。
04 アドマイヤジャパン  たしかに菊花賞では見事なレース運びでしたが、古馬の一線級と勝ち負けまでは無理でしょう。鞍上が横山典弘だというのが気になりますが。
05 リンカーン  たしかに天皇賞ではスローペースに泣かされましたが、敗因はそれだけではないような気がします。東京コースに向いていないんでしょう。
06 ウィジャボード  外国馬。いつだったかのJCで、単勝1倍台の圧倒的な一番人気だったメジロマックイーンを、並ぶ間もなく交わしていったゴールデンフェザントとマジックナイトの姿が忘れられません。この馬がマジックナイト(同じ牝馬だった)のような存在になるのでは。
07 ベタートークナウ  外国馬。いつだったかのJCで、タマモクロスとオグリキャップの外を、並ぶ間もなく交わしていったペイザバトラーの姿が忘れられません。ペイザバトラーとゴールデンフェザントのおかげで、アメリカの馬を軽視することができなくなってしまいました。
08 ゼンノロブロイ  軸にするならこの馬なんでしょうか。いやだなあ。
09 ストーミーカフェ  4コーナーまでは先頭でしょうけど、直線に入ってずぅーっと粘ったままだとは思えない。
10 ヘヴンリーロマンス  前走に引き続き、調子いいらしいじゃないですか。でも、あのときのようなヨーイドンの競馬にはならないでしょうから、やっぱり軽視させていただきます。
11 コスモバルク  昨年ルメールで2着。今年はデムーロ。うまく折り合えばこわい。
12 バゴ  外国馬。ジャパンカップでは評判の外国馬は凡走することが多いですが、今年は違うような気がします。凱旋門賞馬なんて、例年なら真っ先に切るのですが、今年は押さえます。
13 サンライズペガサス  2400mのG1ではしんどいでしょう。
14 アルカセット  外国馬。デットーリが選んだ馬です。怖いです。ロブロイとこの馬の馬連一点だけでいいような気もしてます。
15 キングスドラマ  外国馬。アメリカの馬なので軽視いたしません。ちなみに、JCDでは馬名に「キング」の入った馬が2、3着に来てました。
16 ハーツクライ  調教では抜群だったらしく、えらい人気になってます。生きるも死ぬもペース次第でしょう。迷います。
17 スズカマンボ  ロブロイに先着する可能性のある日本馬といえばこの馬でしょう。厳しい流れのレースにも強いはず。
18 ビッグゴールド  東京の2400では逃げ粘れないでしょう。


いちおうの印はこんな風になりました。

◎ アルカセット
○ ゼンノロブロイ
▲ ウィジャボード
△ キングスドラマ
△ ベタートークナウ
△ バゴ
△ スズカマンボ
△ タップダンスシチー
△ コスモバルク


◎ から馬連とワイドで流します。
ただし、
・アルカセットとゼンノロブロイの評価を入れ替えるかもしれません。
・4番手以下(△)の馬を何頭か削るかもしれません。
・ケンするかもしれません。
[PR]
by beertoma | 2005-11-27 06:35 | 競馬


<< ジャパンカップ反省 JCダート・京阪杯反省 >>