「交渉人」

交渉人
/ ワーナー・ホーム・ビデオ
ISBN : B000BTCMH4

交渉人 (1998)
The Negotiator

<スタッフ>
監督:F・ゲイリー・グレイ
脚本:ジェームズ・デモナコ、ケヴィン・フォックス
撮影:ラッセル・カーペンター
タイトルデザイン:カイル・クーパー

<キャスト>
ダニー・ローマン (サミュエル・L・ジャクソン) … シカゴ警察東地区でナンバーワンの交渉人 東の横綱
クリス・セイビアン (ケヴィン・スペイシー) … シカゴ警察西地区でナンバーワンの交渉人 西の横綱
アダム・ベック (デヴィッド・モース) … 特殊部隊(SWAT)の隊長 ダニー・ローマンのやり方には常々批判的である
グラント・フロスト (ロン・リフキン) … この人も隊長 でも穏健派
アル・トラヴィス (ジョン・スペンサー) … 署長
テレンス・ニーバウム (J・T・ウォルシュ) … 内務捜査局局長 警察内部で起こった障害年金の基金横領事件を調査
マギー (シオバン・ファロン) … ニーバウムの秘書
カレン・ローマン (レジーナ・テイラー) … ダニー・ローマンの妻
ルディ・ティモンズ (ポール・ジアマッティ) … けちなタレコミ屋 たまたまニーバウムの部屋にいたため事件に巻き込まれる
ファーリー (スティーヴン・リー) … ローマンが篭城したとき、セイビアンが到着するまでの交渉役を命令された ところがローマンにいいようにあしらわれる
パラーモ (マイケル・カドリッツ) … 特殊部隊(SWAT)の狙撃手 ダニー・ローマンの狙撃を命じられる
ネイサン・ルーニック (ポール・ギルフォイル) … 刑事 ダニー・ローマンの相棒
ケイル・ワングロー巡査部長 (ロバート・デヴィッド・ホール) … 謎の人物


<ストーリー紹介>
ダニー・ローマンは優秀な交渉人。今日も人質事件をあっさりと解決し、仲間たちと楽しく酒を飲んでいた。
その席で彼は相棒のネイサンからある犯罪の話を聞かされる。警察内部で基金横領が行なわれており、自分たちの仲間もそれに加担しているというのだ。二人は内密のこの事件を調べることにする。
ところが、それから数日後、ショッキングな出来事が起こった。ネイサンが殺害されてしまったのである。
おまけに、ダニーは「相棒殺し」と「基金横領」の容疑者にされてしまった! 彼には身に覚えのないこと。無実を訴えるのだが、誰も耳を傾けてくれない。

とうとう、ダニーはブチ切れた。内務捜査局局長のニーバウムのところへ行き、彼を人質に立てこもった。


<感想>
・2回目。私にとっては、サミュエル・L・ジャクソンは感情移入しやすい俳優であるため、今回も大いに楽しめた。

・スローモーションの多用は不満。

・ケヴィン・スペイシーは、「セブン」のイメージが強いので、静かな作品では浮いている(ように思える)。いつか人を殺すんじゃないか、と見ていて落ち着かない。ところが、こういうやかましい作品の中では、きつすぎる個性が目立たなくなって、安心して見ていられる。

・基礎編として、まず、交渉人の存在をクローズアップする作品を作るべきではなかったか。私は交渉人というものの存在を知らなかったので、最初この映画を見たとき面喰った。(交渉人の存在を知っていることが当たり前というスタンスで作られていたので)
「交渉人が人質を取って立てこもる」という設定の話は、基礎編を見た人にとっての応用編であるような気がする。 (いきなり応用編を見てしまったことが勿体ない。二度楽しめたはずなのに)
[PR]
by beertoma | 2005-12-24 06:36 | 映画


<< CBC賞(仕切りなおし)予想 『森村誠一の終着駅シリーズ 殺... >>