有馬記念予想

ディープインパクトが圧倒的な一番人気に推されました。果たして彼はその人気に応えられるのでしょうか。
常識的にはイエスでしょう。
しかし、これまで無敗で有馬記念を制した馬はいないというではありませんか。これはJRAのタブーにちがいありません。ディープインパクトといえども破ることはできないでしょう。

というわけで予想は以下の通り。

◎ ヘヴンリーロマンス
○ ゼンノロブロイ
▲ ディープインパクト
△ リンカーン
× スズカマンボ
☆ オースミハルカ


<ヘヴンリーロマンス>
もしディープインパクトが敗れるとして、彼の神話にもっとも傷がつかないのは、牝馬に足元をすくわれるというパターンではないでしょうか。
「ちっ、女か」というわけです。
出走している牝馬は二頭。ヘヴンリーロマンスとオースミハルカ。天皇賞馬が底力を見せてくれるでしょう。

(ヘヴンリーロマンスは、8/21の札幌記念を走ってから 10/30の天皇賞(秋)まで二ヶ月のブランクがあります。これを「2か月休」と考えれば、有馬記念がこの秋3走目ということになります。まだまだ走れるでしょう)

<デルタブルース>
今年も昨年と同じようなレース展開になる可能性が大です。タップが厳しいペースで引っぱり、最後の直線、底力のある馬が抜け出してくると思われます。デルタブルースはそういうレース向きじゃないことを去年露呈してしまいました。一年経って成長したといわれていますが、ダンスの仔が急に切れる脚を使えるようになるわけでもなく、今年も掲示板がやっとではないでしょうか。


買い目はヘヴンリーの単複。そして他の5頭へワイドで流します。

あと、プライベート時事馬券としては、
今年を象徴する出来事が、「中村豊のホームランで勝った9・7の中日戦」。
というわけなので、馬連の7-9(タップ - ヘヴンリー)も追加。


ホオキパウェーブとスイープトウショウの名前が見当たらないのが残念です。出たら必ず買おうと思っていたのに。
[PR]
by beertoma | 2005-12-25 06:36 | 競馬


<< 有馬記念反省 M-1グランプリ2005決勝・予想 >>