「隣人は静かに笑う」

隣人は静かに笑う
/ ポニーキャニオン
ISBN : B00012T1YS

隣人は静かに笑う (1998)
ARLINGTON ROAD

監督: マーク・ペリントン
脚本: アーレン・クルーガー
撮影: ボビー・ブコウスキー
タイトルデザイン: カイル・クーパー

主な登場人物:
マイケル・ファラデー (ジェフ・ブリッジス) … 大学教授 現代史(テロについて)を教えている 詮索好き 未だ妻の死から立ち直れないでいる 妻はFBIの捜査官だったが、捜査中に殺されてしまった
オリバー・ラング (ティム・ロビンス) … ファラデーの隣人 謎の人物
シェリル・ラング (ジョーン・キューザック) … オリバーの妻 人懐っこい笑顔の裏に・・・
ブルック・ウルフ (ホープ・デイヴィス) … ファラデーの恋人 
カーヴァー (ロバート・ゴセット) … FBI捜査官 ファラデーの知人以上友人未満

その他の出演者:
スタンリー・アンダーソン、メイソン・ギャンブル、スペンサー・トリート・クラーク、ローラ・ポー

<ストーリー紹介>
オレの名はマイケル・ファラデー。大学教授なんだ。『ロウソクの科学』って本、知ってるだろ? 岩波文庫に入ってるやつ。ありゃオレが書いたんだ。すごいだろ? ・・・エヘヘヘヘ。信じた? 冗談だよ冗談。同姓同名だけど奴は19世紀のイギリス人。

それはそうとさ、この前、ちょっとした事件があったんだ。いやね、クルマを運転してたら、血まみれの子供が立ってたんだよ。誰だって驚くだろ? オレも驚いたさ。たんまり驚いたさ。だもんで、急いで車から降りてその少年を病院に連れていったんだ。
ま、なんとか大事には至らなかったみたいで、それはよかったんだよ。原因は花火遊びかなんかだったらしい。でね、よーく話を聞いてみると、そいつ、うちの隣に住んでることがわかったんだ。 え? 最初見たときに気づけ? いや、そりゃそうなんだけど、隣の一家ってのは最近引っ越してきたばかりで、よく知らなかったんだよ。ほら、ワイフが例の事件でアレしちゃっただろ? だからオレもすっかり参っちゃって、近所付き合いとかそういうのもしてなかったしさ。
ま、そんなこんだで、隣との付き合いが始まったわけなんだけど、このオリバー・ラングっていうやつ、あ、少年の父親ね、お隣のご主人。こいつがさ、なんか怪しいんだよ。建築家とか言ってるけど、オレは違うと思うな。胡散臭いんだよねー、なんかさ。だから、いろいろ調べてみようと思うんだ。ブルックはやめとけって言うんだけどね。みっともないって。
でも、やっぱり調べてみる。なんか気になる。

好奇心旺盛なマイケル・ファラデーが、隣人のことをいろいろ詮索しすぎたため、ちょっとしたイタズラを仕掛けられる物語。


<感想>
・2回目。結末を知っているため、1回目のような驚きはなかったが、それでもストーリー運びがうまいので最後まで楽しめた。

・「映画の終わりに主人公(とそのまわりの人々)がハッピーになる」ものだけをハッピーエンドと呼ぶならば、この作品はハッピーエンドではない。
でも、映画の終わったとき「知的に」ハッピーになれるので(少なくとも私はそうでした)、この作品をハッピーエンド映画だと言い張りたい。
[PR]
by beertoma | 2006-02-01 05:37 | 映画


<< 「痛快!明石家電視台」 「サタうま!」「タモリ倶楽部」 >>