「シンシナティ・キッド」

シンシナティ・キッド
/ ワーナー・ホーム・ビデオ
ISBN : B000DZJJHM

シンシナティ・キッド (1965)
THE CINCINNATI KID

監督: ノーマン・ジュイソン
原作: リチャード・ジェサップ
脚本: リング・ラードナー・Jr、テリー・サザーン
撮影: フィリップ・H・ラスロップ
音楽: ラロ・シフリン
主題歌: レイ・チャールズ

主な登場人物:
エリック・ストーナー (スティーヴ・マックィーン) … ”シンシナティ・キッド” スタッド・ポーカーの名手 ポーカー賭博界の若きエースともっぱらの評判
ランシー・ハワード (エドワード・G・ロビンソン) … ポーカー賭博界のドン “ザ・マン”と呼ばれている 
シューター (カール・マルデン) … キッドの賭博仲間 根は真面目で善人
メルバ・ナイル (アン=マーグレット) … シューターの妻 悪女
クリスチャン・ラッド (チューズデイ・ウェルド) … キッドの恋人 田舎娘
ウィリアム・スレイド (リップ・トーン) … 地元の金持ち 強面で性格に難あり いつも用心棒を連れている
レディ・フィンガース (ジョーン・ブロンデル) … かつてはポーカーでブイブイいわせていた女性 今はディーラー専門
ホーバン (ジェフ・コーリイ) … キッドの賭博仲間
イェーラー (キャブ・キャロウェイ) … キッドの賭博仲間


<ストーリー紹介>
地元ニューオリンズでは向かうところ敵なしの”シンシナティ・キッド”が、無敵のチャンピオン“ザ・マン”と対決する物語。


<感想>
・ところどころベタな演出が気にならなくもないが(靴磨きの子供の使い方だとか、クライマックスで見物客のアップを連続させたところだとか)、後半の対決の場面が素晴らしく(村上ショージなら「圧巻・壮観・見なあかん」と言うはず)、見応えのある作品となっている。

・エドワード・G・ロビンソンの演技(目つき)も見もの。
全体を通してはまさに”ポーカーフェイス”なのだが、追い込まれたとき、攻勢に転じたときで、その色合いが微妙に変わり、見飽きない。
[PR]
by beertoma | 2006-02-03 06:12 | 映画


<< 「リンカーン」 #13 「痛快!明石家電視台」 >>