「相続人」

相続人
/ ビデオメーカー
ISBN : B0009J8K5O

相続人 (1997)
THE GINGERBREAD MAN

<スタッフ>
監督:ロバート・アルトマン
原作:ジョン・グリシャム
脚本:アル・ヘイズ
撮影:クー・チャンウェイ

<キャスト>
リック・マグルーダー (ケネス・ブラナー) … 有能な弁護士
マロリー・ドス (エンベス・デイヴィッツ) … 謎めいたところのある女 頭のおかしな父親に付きまとわれているらしい 
クライド・ペル (ロバート・ダウニー・Jr) … 私立探偵 がさつな色男 マグルーダーからよく調査を頼まれている
ロイス・ハーラン (ダリル・ハンナ) … 弁護士 マグルーダーと同じ事務所で働く
ディクソン・ドス (ロバート・デュヴァル) … マロリーの父親 変人 家のあるホームレスのような生活をしている 靴をはくのが嫌なのでいつも裸足ですごしている
ピート・ランドル (トム・ベレンジャー) … マロリーの元夫  マロリーと結婚生活をしていた頃のこと 当時、義父ディクソンも同居していたのだが、あるとき、ピートはディクソンのコーヒーカップを間違って使ってしまい、怒り狂った義父に骨折させられた
リーアン・マグルーダー (ファムケ・ヤンセン) … マグルーダーの前妻 いつもカリカリしている

<ストーリー紹介>
リック・マグルーダーは有能な弁護士。ある日彼は一人の女性と知り合った。彼女の名はマロリー。
彼女はトラブルに巻き込まれているという。頭のおかしい父親に付きまとわれているのだ。

マグルーダーは彼女を助けてやることにするのだが・・・。

<感想メモ>
・2回目。内容をほとんど忘れていたので楽しめた。
・ハリケーンが近づく数日間の物語。雨風が強くなるにつれ映画もクライマックスへと進んでいく。
・独特の雰囲気を持っている作品。(閉塞感というか閉じた感じというか)
・主演のケネス・ブラナーは英国人 → 英国人には雨がよく似合う → この映画の雰囲気にピッタリ

・バーバラ・ベル・ゲデスの法則 「主人公(男)が謎の女にのめり込んでいく場合、それをハラハラしながら見守る女性(主人公に好意を寄せている)は眼鏡をかけていなければならない」 が、キッチリと守られていた。
・眼鏡美人の役はダリル・ハンナ。「キル・ビル」で鬼のように恐ろしかったのがウソのよう。
[PR]
by beertoma | 2006-02-18 06:28 | 映画


<< 「げーせん」「でーまん」「ちぇ... てんどん今昔 >>