WBC2次リーグ 日本×韓国

苦戦しただけでなく敗戦してしまいました。
メキシコ戦の横綱相撲を見て絶対にいけると確信していただけに、ショックもひとしおです。でもまあ、あれですわ。去年の日本シリーズもこんな感じでしたし、そんなもんなんでしょ人生って。


それにしても、こんなはずじゃなかったという思いが拭いきれません。ホント、こんなはずじゃなかったんです。
WBCが野球の世界一を決める大会っつったって、開催は3月という中途半端な時期だし、大物メジャーリーガーたちは参加しないし、大物セ・リーガーたちも辞退するしで、サッカーのワールドカップほどの値打ちのある大会だとは思っていませんでした。ちょっと込み入ったオープン戦くらいのもんだろう。サラッと見てクールに楽しんでやろう。
ところがです。中国戦で西岡が、台湾戦で多村が、目の覚めるようなホームランを打ちよりまして興奮させられてしまい、韓国戦で石井弘寿が、目の覚めるようなホームランを打たれよりまして発奮させられてしまい、気がついたときにはWBCにのめりこんでいました。アメリカ戦の負けにはガッカリしたものの、続くメキシコ戦、松坂世代の松坂大輔がさすが松坂世代というピッチングを見せたもんだから、WBCなしでは生きていけない身体になりました。

そんなときに昨日のアレです。そりゃないよー。
知らないうちに連帯保証人にさせられて、多額の借金を負わされたような感じです。こっちはぜんぜんそういう目で見てないのに、好きです好きです言われてだんだんその気になって、惚れてしまったときに逃げられたような、そんな感じです。
去年の日本シリーズの悔しさは仕方ありません。根っからの阪神ファンですから。どうしようもないことですし、全面的に受け入れます。でも、この悔しさは、なんか、承服しがたいんです。
こんなはずじゃなかったんです。


<その他の感想>
・最後のバッターとなった多村。ものすごく重いバットを振っているようなスイングだったのが印象的。
・藤川がイ・ジョンボムに左中間の二塁打を打たれた場面。ライナー性の打球が左中間に伸びていった。左中間スタンドには巨大な岩石。あの岩石がなんかムカツク。
これからしばらくは、岩石を見るだけで胃が痛くなりそうだ。


ワールドベースボールクラシック(WBC) 2次リーグ プール1
3/16(木)日本 vs 韓国 (エンゼル・スタジアム 12:00(JST))

韓  国  0 0 0  0 0 0  0 2 0  2
日  本  0 0 0  0 0 0  0 0 1  1

 キム・ビョンヒョン
 杉内
 オ・スンファン
 [日] 西岡 2号(9回ソロ)
[PR]
by beertoma | 2006-03-17 06:23 | 阪神タイガース


<< 言い間違いの天才 WBC2次リーグ 日本×メキシコ >>