WBC2次リーグ メキシコ×アメリカ

メキシコがやってくれましたね。やるやるとは聞いてましたが、まさかここまでやってくれるとは。

日本の準決勝進出はとても嬉しいですが、そして今度こそガチコォーン!とやっつけてくれると信じていますが、一抹の不安もあります。昨年の交流戦、ソフトバンクと対戦する前の心境に似ています。今度こそやったるぞ! ・・・でも、またやられたらどうしよう。
もし、韓国に三連敗するようなことがあれば、しばらくは野球を見なくなるような気がするんですけど。


先発は上原らしいですね。アメリカ戦の出来があまりよくなかった(ように見えた)ので不安が一杯ですが、抑えてくれるでしょう。彼の強みは、甲子園球場で何度も登板しているということです。それもジャイアンツのピッチャーとして。日本中どこを探してもこれほど”ごっつ憎まれてる”状況はありません。あの中で自分のピッチングをしてきた男ですから、準決勝がまた(ヘンな)アウェーの雰囲気になったとしても、能力を出し切ってくれることでしょう。

打線もボカスカ打ってくれます。
小笠原が「(準決勝では)我々はチャレンジャーです」と言ってました。この考え方が出来れば、もう大丈夫です。なにも心配いりません。
1985年に吉田義男という人がこの言葉をアホみたいに繰り返しました。そのおかげで某球団は、ボカスカ打って日本一になりました。それくらい縁起のいい言葉なんです。

トリュフォーの映画のタイトルではありませんが、日曜日が待ち遠しい!


ワールドベースボールクラシック(WBC) 2次リーグ プール1
3/17(金)アメリカ vs メキシコ (エンゼル・スタジアム 9:30(JST))

アメリカ  0 0 0  1 0 0  0 0 0  1
メキシコ  0 0 1  0 1 0  0 0 X  2

 ゴンザレス
 クレメンス
 コルテス
 [メ] バレンズエラ ?号(3回ソロ) (ボブ・デービットソン塁審により二塁打の判定)
[PR]
by beertoma | 2006-03-18 06:23 | 阪神タイガース


<< WBC準決勝 日本×韓国 言い間違いの天才 >>