4/9(日)阪神vs横浜 3回戦

三浦さえ投げなければハッピーエンドになることが多いことでお馴染みの横浜戦ですが、今回もご多分に漏れず、ハッピーエンドと相成りました。
金本の世界新記録達成試合を勝利で飾ることができました。めでたしめでたし。

テレビ中継が始まったのが3時30分、しかも桜花賞の裏番組だったということもあって、あまりしっかりとは見ていませんでしたが、感想をいくつか。

・金沢のスライダー(?)がとんでもなくキレキレで素晴らしかった。あの金沢が松坂大輔になって戻ってきた!と思った人も多いはず。
金沢の次回の登板がとても楽しみ。

・打たれても抑えているような表情をしている江草が打たれた。抑えても打たれているような表情をしている能見が抑えた。とかくこの世はままならぬ。

・「球審は渡真利ですね」 解説の吉田義男が悔しそうに呟いたのは8回表の横浜の攻撃のときだった。
マウンドには藤川。一死二塁で打席に種田を迎えた場面。点差は一点しかない。藤川の伸びのあるストレートが外角低めいっぱいに決まった! はずだったが、球審の右手は挙がらない。前につんのめりそうになる矢野。イナバウアーをする球児。私もテレビの前で怒っていたが、よっさんの一言で救われた。

・ただ、藤川のストレートはまだ去年ほどにはホップしていないように見えた。
多村があっさりと三振していたが、あれは多村の方が勝手に「藤川は打てない」と決めつけて、萎縮してしまっていたと思われる(コンディションもあるのでしょうけど)。
多村は先日の「とんねるずのみなさんのおかげでした~春の特大スペシャル」に出演したとき、ヤクルトの五十嵐をまったく打てないと告白していたが、おそらく藤川にもそういう意識を持っているのでは。
(食わず嫌い王で荒川静香と対戦。荒川が「五十嵐さんのファンです」と言ったのに応えて。ちなみに、WBCでバントを失敗したときには「アメリカに亡命しよう」と思ったらしい。あと、日の丸を背負うという、とんでもないプレッシャーの中で試合をしたため、「打席での配球とかはまったく憶えていない」とも言っていた)



<今日の順位予想>
1.阪神 (もうそろそろビールかけしてもええんちゃう?)
2.巨人 (ビジターのユニフォームって、なんちゃってロッテやん。対阪神用に開発したんやろ? そんなんでビビる思てんの? ちょっと不気味やけど)
3.中日 (ひょっとして今年の中日って弱いのか? 去年のあのしつこさはどこへ行った? 井川vs中日打線ですべてが明らかに!)
4.広島 (巨人との3連戦ですね。去年やってた、あの高校野球みたいな、逆転逆転また逆転の試合、期待してます)
5.東京ヤクルト (この不振の原因は「東京」という冠にあるとみた)
6.横浜 (これからもよろしく)



4/9(日)阪神vs横浜 3回戦 (大阪ドーム 14:00)

横 浜  0 1 0  4 0 0  0 0 0   5
阪 神  1 0 4  0 0 1  0 4 X  10

 金沢(1勝0敗0S)
 吉見(0勝1敗0S)
 [神] 浜中 4号(3回3ラン) 5号(6回ソロ)
[PR]
by beertoma | 2006-04-11 08:28 | 阪神タイガース


<< 4/12(水) 阪神vs中日 1回戦 桜花賞反省 >>