4/16(日)阪神vs広島 5回戦

強打のジョージ・阪神・フォアマンがモハメド・広島・アリのロープ・ア・ドープ戦法にやられてしまった。

あまりにもわかりやすい試合。
送りバント失敗や併殺打でチャンスを潰す → 相手チームに流れが行く → 逆転される
野球の初心者に試合の流れについて教えたいのなら、この試合のビデオを見せればよろしかろう。

好投していた江草が気の毒。
こんな試合をしていては、いつまでたっても”セ・リーグAクラスでの楽天的存在”のままだ。関係各方面の方々には、何とかしていただきたいです。
(またの名を、”セ・リーグAクラス内での野村阪神”。 そういや、スポーツニュースなどでノムさんのため息を聞くたびに、昔を思い出して、胃のあたりが重たくなります)


でも、相手が黒田だったので、救われたという感じです。この前の巨人戦では嶋の緩慢とも思えるプレー(記録はヒット)から連打を浴びて、敗戦投手になってました。素晴らしいピッチングを披露しても報われることが少ないのですから、こういう日があってもええでしょう。



4/16(日)阪神vs広島 5回戦 (甲子園 14:00)

広 島  0 0 0  0 0 0  0 0 2  2
阪 神  0 1 0  0 0 0  0 0 0  1

 黒田(1勝1敗0S)
 江草(1勝1敗0S)
 ベイル(0勝0敗4S)
 [神] 浜中 7号(2回ソロ)

バッテリー
広島  黒田、ベイル - 倉
阪神  江草 - 矢野
[PR]
by beertoma | 2006-04-18 04:52 | 阪神タイガース


<< 『嘘をつく死体』 皐月賞反省 >>