4/22(土)巨人vs阪神 2回戦

巨人の先発が内海であることをラジオで聞いたのは6時前のことでした。
これは阪神が一回表に何十点もとるパターンの試合やな。攻撃に時間もかかるやろし、ひょっとして、今から新幹線に乗って東京ドームに行ってもまだ一回表ちゃうやろか。うひひひひ。
とまでは、さすがに思いませんでしたが、それに近いことは考えました。
ところがどうでしょう。あの内海がソフトバンクの杉内みたいな素晴らしいピッチャーに変身しているではありませんか。そら中日も打てんはずや。

安藤は、調子があまりよくなかったのか、「自ら放火 → クローザーのような全力投球 → 自ら放火 → クローザーのような全力投球」の繰り返しで、あえなく沈没。(ストレートも走ってませんでしたし、スライダーのキレも彼本来のものではなかったように見えました)
両チームの(現時点での)勢いの差がモロに出た試合でした。


<今日の見どころ>
1回ウラの安藤のピッチング。
一点を先制されてなおもノーアウト二塁三塁のピンチ。ここでイ・スンヨプ、小久保、矢野の三人を三振に抑えた(阿部は敬遠気味の四球)。
中でも小久保との対決が面白かった。

小久保vs安藤の第一打席
1球目 外の低めへストレート(カットボールのようにも見えた) 明らかなボール球 カウント0-1
2球目 内角低めのストレート 三塁側にライナーのファール 1-1
3球目 外角低めのスライダー(見送ってもストライク、でも、ヒットにするのも難しいコースに決まる。素晴らしい球) 空振り 2-1
4球目 同じ球だが、外にはずれる 見送ってボール 2-2
5球目 3球目と同じコースを狙ったが、ややすっぽ抜けて真ん中高めに。が、完全にすっぽ抜けたわけでもなく、申し訳程度に曲がり落ちる。「パウエルのカーブがうらやましいので僕もスライダーで真似してみました」といった感じの球。あまりのいいコース(打ちやすいコース)に驚いたのか、小久保は慌ててバットを出す。が、空振り。ぽかんと口を開ける。


<今日の今岡くん>
今岡のバッティングがどうこうよりも、偽杉内が真杉内くらい良かった。
杉内は絶好調時でも苦手だったはずだから、今日の結果は仕方ない。
もう大丈夫です。




4/22(土)巨人vs阪神 2回戦 (東京ドーム 18:00)

阪 神  0 0 0  1 0 0  0 0 0  1
巨 人  1 0 5  0 0 0  0 0 X  6

 内海(3勝0敗0S)
 安藤(2勝1敗0S)
 [巨] 矢野 3号(3回3ラン)

バッテリー
阪神   安藤、ダーウィン、能見、杉山 - 矢野
巨人   内海 - 阿部
[PR]
by beertoma | 2006-04-23 05:33 | 阪神タイガース


<< 4/23(日)巨人vs阪神 3回戦 4/21(金)巨人vs阪神 1回戦 >>