5/5(金)横浜vs阪神 7回戦

去年の広島・巨人戦のような試合でした。(点の取り合いの大味な試合。他球団ファンからは楽しそうだとうらやましがられる)

そういう流れの日だったということでしょう。

■ 井川。絶好調のはずだから、変化球は一球も投げずに威力のあるストレートだけで完封、くらいのことはしてくれると思っていたが、まさかの六失点。ただ、五回の四失点は、今岡のエラーと言えなくもない守備が続いたのも原因か(三塁線のゴロをグラブに入れながらはじいてしまい内野安打、照明が目に入って取れずに内野安打)。
■ 桟原。八回表の頭から登板。二死満塁から佐伯に二点タイムリーを打たれて降板したが、気の毒な面もあった。球もそこそこ走っていたし、ストライクも先行していた。ヒット性の当たりは佐伯に打たれた一本のみ。それ以外は、三塁線の内野安打(藤田一也とかいう人は足が速すぎる)、石井琢朗の一二塁間の緩いゴロ(石井の”技あり”)、種田のライト前ヒット(浅いフライを藤本が深追いしてヒットしてしまった)。
■ 金沢もいい球をいいコースに投げていたが、村田が素晴らしいバッティングをした。



5/5(金)横浜vs阪神 7回戦 (横浜18:00)

阪 神  0 4 4  3 0 2  0 0 0  13
横 浜  0 1 0  1 4 0  0 5 0  11

 井川(3勝2敗0S)
 ベバリン(0勝1敗0S)
 久保田(2勝2敗6S)
 [神] 矢野 4号(3回2ラン) 5号(4回3ラン) 6号(6回ソロ)
   [横] 吉村 6号(5回3ラン) 村田 10号(8回3ラン)

バッテリー
阪 神  井川、ダーウィン、桟原、金沢、久保田 - 矢野、野口
横 浜  ベバリン、山北、ソニア、佐久本、川村、木塚 - 相川、鶴岡
[PR]
by beertoma | 2006-05-07 06:33 | 阪神タイガース


<< 5/6(土)横浜vs阪神 8回戦 5/4(木)阪神vs巨人 6回戦 >>