「ショウタイム」

ショウタイム(2002)
SHOWTIME
監督:トム・デイ
出演:ロバート・デニーロ、エディ・マーフィ、レネ・ルッソ

ロバート・デニーロとエディ・マーフィの顔合わせということで大いに期待した半面、こういう豪華2大スターの共演は出演料だけの豪華に終わってしまうこともままあるので、心配もしていた。
見終わった感想は・・・・
大きく期待しなければまあ楽しめる作品でしょう、である。

かつてのデニーロはいつ人を殺してもおかしくないような雰囲気をもっていた。どの作品からもそういう香りが漂ってきて好きになれなかったのであるが、最近はまるくなって、殺人とは無縁の人生を歩んでいるようだったので安心していた。
ところが、この作品ではそれが裏目に出ている。ストーリーは、最初は対立していた二人が次第に理解しあうようになるという、いわゆる「バディ・フィルム」のフォーマットにのっとって進んでいくのだが、毒が抜けてしまったデニーロと、これまた昔ほど傍若無人でなくなったエディ・マーフィでは、対立がさほど対立に感じられないのである。下手なプロレスを見せられているようだった、といえば言いすぎであろうか。

このストーリーにするのなら20年前に共演すべきであったし、いま共演するのならもっと違うパターンの物語にしてほしかった。
[PR]
by beertoma | 2004-08-09 04:02 | 映画


<< 日本×中国 2 巨人×阪神 >>