カテゴリ:阪神タイガース( 154 )

4/16(日)阪神vs広島 5回戦

強打のジョージ・阪神・フォアマンがモハメド・広島・アリのロープ・ア・ドープ戦法にやられてしまった。

あまりにもわかりやすい試合。
送りバント失敗や併殺打でチャンスを潰す → 相手チームに流れが行く → 逆転される
野球の初心者に試合の流れについて教えたいのなら、この試合のビデオを見せればよろしかろう。

好投していた江草が気の毒。
こんな試合をしていては、いつまでたっても”セ・リーグAクラスでの楽天的存在”のままだ。関係各方面の方々には、何とかしていただきたいです。
(またの名を、”セ・リーグAクラス内での野村阪神”。 そういや、スポーツニュースなどでノムさんのため息を聞くたびに、昔を思い出して、胃のあたりが重たくなります)


でも、相手が黒田だったので、救われたという感じです。この前の巨人戦では嶋の緩慢とも思えるプレー(記録はヒット)から連打を浴びて、敗戦投手になってました。素晴らしいピッチングを披露しても報われることが少ないのですから、こういう日があってもええでしょう。



4/16(日)阪神vs広島 5回戦 (甲子園 14:00)

広 島  0 0 0  0 0 0  0 0 2  2
阪 神  0 1 0  0 0 0  0 0 0  1

 黒田(1勝1敗0S)
 江草(1勝1敗0S)
 ベイル(0勝0敗4S)
 [神] 浜中 7号(2回ソロ)

バッテリー
広島  黒田、ベイル - 倉
阪神  江草 - 矢野
[PR]
by beertoma | 2006-04-18 04:52 | 阪神タイガース

4/15(土)阪神vs広島 4回戦

テレビをつけるとバラエティ番組をやっていた。雨の降る中、芸人がびしょ濡れになりながら、真剣な表情で何かを見つめている。彼は帽子をかぶっている。帽子のもともとの色は黒なのだが、細かい水滴が無数についているため、ところどころ白く光って見える。

なんじゃこの番組。

と思っていたら、彼はいきなり背筋を伸ばし、セットポジションの構えになった。
おお、阪神の選手。おお、こんなに雨が降っているのに試合をやっていたのか。
芸人に見えた男はフランキー安藤だった。


安藤は不良馬場を苦手としているのか、いつもほどの快刀乱麻さがありませんでしたが、広島の打線がいわゆる野村阪神的なものであったので、なんじゃかんじゃしているうちに勝つことができました。

今日の見どころは藤本の再三にわたる好守。泥まみれになりながらも右へ左へと果敢に飛び込み、ゴロをさばいていた。



4/15(土)阪神vs広島 4回戦 (甲子園 14:00)

広 島  0 1 0  1 0 0  1 0 0  3
阪 神  0 1 1  0 2 1  0 1 X  6

 安藤(2勝0敗0S)
 佐々岡(1勝1敗0S)
 久保田(0勝0敗3S)
 [神] 浜中 6号(2回ソロ) シーツ 5号(5回2ラン)

バッテリー
広島  佐々岡、長谷川、広池、永川 - 石原
阪神  安藤、藤川、久保田 - 矢野
[PR]
by beertoma | 2006-04-16 06:19 | 阪神タイガース

4/14(金)阪神vs広島 3回戦

横浜や広島が相手だと面白いように事が運ぶのはなぜ?
申し訳ないッス。

井川が全盛期(八回九回になっても面白いように三振を取っていた頃)を思わせるピッチングで広島を完封。
これを中日にもやったって下さい。



4/14(金)阪神vs広島 3回戦 (甲子園 18:00)

広 島  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
阪 神  3 0 0  3 0 1  0 0 0  7

 井川(2勝1敗0S)
 大島(0勝2敗0S)
 [神] シーツ 4号(4回3ラン)

バッテリー
広島  大島、林、高橋、横山、ベイル - 倉
阪神  井川 - 矢野
[PR]
by beertoma | 2006-04-16 06:15 | 阪神タイガース

4/13(木)阪神vs中日 2回戦

ま、こんな日もあるさ。

前日の劇的な敗戦で試合に対する心構えを修正することができたので、今日はぜんぜん心がヒリヒリしませんでした。

開幕して間もないというのに、日本シリーズのようなのめりこみ方をしていました。WBC熱の後遺症でしょう。こういうのを続けていてはシーズン終了まで持ちませんのでクールダウンしたいと思います。
(次はいつ優勝争いに参加できるかわからないので、ちょっとでも可能性があるうちに楽しむべき、という考え方もありますが)


川上を打ち込んだにもかかわらず阪神投手陣がそれ以上に打ち込まれて負けるというパターンは去年に学習済み。

春先に夏場の天王山のような試合をしていては長いペナントレースを戦えません。どうせ夏場には彼らの骨を断つのです。いまのうちに肉を斬らせてやりましょう。



4/13(木)阪神vs中日 2回戦 (甲子園 18:00)

中 日  0 0 0  3 0 2  0 1 3  9
阪 神  0 0 0  5 0 0  0 0 0  5

 川上(2勝0敗0S)
 能見(0勝3敗0S)
 [中] 福留 4号(4回2ラン) 5号(6回2ラン) アレックス 4号(4回ソロ)

バッテリー
中日  川上、岡本、平井 - 谷繁
阪神  杉山、金沢、能見、相木 - 矢野
[PR]
by beertoma | 2006-04-16 06:13 | 阪神タイガース

4/12(水) 阪神vs中日 1回戦

よし、敵は巨人だけに絞られた。中日は去年ほど強くないぞ。
初戦からタフな試合になると予想していたのですが、こんなにあっさりと勝てるなんて嬉しい誤算です。
でも、ま、中日は去年も下柳に抑えこまれてましたし、この一試合の結果だけでチーム状態を判断するのは間違っているのでしょう。

と、書こうと思ってました。
だって、5回が終わってゴーゼロでピーがシモサンやったら、誰かってこのまま勝つ思うやん。
せっかく文章を考えていたのに・・・。

心がヒリヒリするぜ。


井川だったらこういう展開も想定内なのですが、下柳のときにこういうやつが来るとは思ってもいませんでした。中日戦の初戦はいつもこんな感じなんでしょう。

去年はどんなに悲惨な逆転負けを食らっても、次の日には、あっさりと勝っていました。
今年はいかに?


<今日の順位予想>
1.巨人 (すんませんすんません、ポットパイのパイ皮は阪神でした)
2.中日 (相変わらずいやらしい野球してきよんなー)
3.阪神 (2006年のペナントレースを振り返ってみたときに、阪神タイガースの絶頂期は金本の世界記録達成の頃だった、ということがないように祈るばかりです)
4.東京ヤクルト 
5.広島 
6.横浜 



4/12(水) 阪神vs中日 1回戦 (甲子園 18:00)

中 日  0 0 0  0 0 4  1 1 1  7
阪 神  1 1 3  0 0 0  0 0 0  5

 石井(1勝0敗0S)
 能見(0勝2敗0S)
 岩瀬(0勝1敗4S)
 [神] シーツ 3号(1回ソロ)
   [中] アレックス 2号(6回3ラン) 3号(8回ソロ) 福留 3号(9回ソロ)
[PR]
by beertoma | 2006-04-13 06:21 | 阪神タイガース

4/9(日)阪神vs横浜 3回戦

三浦さえ投げなければハッピーエンドになることが多いことでお馴染みの横浜戦ですが、今回もご多分に漏れず、ハッピーエンドと相成りました。
金本の世界新記録達成試合を勝利で飾ることができました。めでたしめでたし。

テレビ中継が始まったのが3時30分、しかも桜花賞の裏番組だったということもあって、あまりしっかりとは見ていませんでしたが、感想をいくつか。

・金沢のスライダー(?)がとんでもなくキレキレで素晴らしかった。あの金沢が松坂大輔になって戻ってきた!と思った人も多いはず。
金沢の次回の登板がとても楽しみ。

・打たれても抑えているような表情をしている江草が打たれた。抑えても打たれているような表情をしている能見が抑えた。とかくこの世はままならぬ。

・「球審は渡真利ですね」 解説の吉田義男が悔しそうに呟いたのは8回表の横浜の攻撃のときだった。
マウンドには藤川。一死二塁で打席に種田を迎えた場面。点差は一点しかない。藤川の伸びのあるストレートが外角低めいっぱいに決まった! はずだったが、球審の右手は挙がらない。前につんのめりそうになる矢野。イナバウアーをする球児。私もテレビの前で怒っていたが、よっさんの一言で救われた。

・ただ、藤川のストレートはまだ去年ほどにはホップしていないように見えた。
多村があっさりと三振していたが、あれは多村の方が勝手に「藤川は打てない」と決めつけて、萎縮してしまっていたと思われる(コンディションもあるのでしょうけど)。
多村は先日の「とんねるずのみなさんのおかげでした~春の特大スペシャル」に出演したとき、ヤクルトの五十嵐をまったく打てないと告白していたが、おそらく藤川にもそういう意識を持っているのでは。
(食わず嫌い王で荒川静香と対戦。荒川が「五十嵐さんのファンです」と言ったのに応えて。ちなみに、WBCでバントを失敗したときには「アメリカに亡命しよう」と思ったらしい。あと、日の丸を背負うという、とんでもないプレッシャーの中で試合をしたため、「打席での配球とかはまったく憶えていない」とも言っていた)



<今日の順位予想>
1.阪神 (もうそろそろビールかけしてもええんちゃう?)
2.巨人 (ビジターのユニフォームって、なんちゃってロッテやん。対阪神用に開発したんやろ? そんなんでビビる思てんの? ちょっと不気味やけど)
3.中日 (ひょっとして今年の中日って弱いのか? 去年のあのしつこさはどこへ行った? 井川vs中日打線ですべてが明らかに!)
4.広島 (巨人との3連戦ですね。去年やってた、あの高校野球みたいな、逆転逆転また逆転の試合、期待してます)
5.東京ヤクルト (この不振の原因は「東京」という冠にあるとみた)
6.横浜 (これからもよろしく)



4/9(日)阪神vs横浜 3回戦 (大阪ドーム 14:00)

横 浜  0 1 0  4 0 0  0 0 0   5
阪 神  1 0 4  0 0 1  0 4 X  10

 金沢(1勝0敗0S)
 吉見(0勝1敗0S)
 [神] 浜中 4号(3回3ラン) 5号(6回ソロ)
[PR]
by beertoma | 2006-04-11 08:28 | 阪神タイガース

4/8(土)阪神vs横浜 2回戦

フランキー安藤が快刀乱麻のピッチング。なんちゃって不調だった今岡プロがドッカンドッカンとホームラン。
最後はほんの少しだけハラハラしましたが、全体的に横浜打線の暴れっぷりはまろやかで、子供からおじいちゃんおばあちゃんまで楽しめる試合内容でした。(阪神ファンでありさえすれば)

(フランキー安藤 ・・・ オフに「痛快!明石家電視台」にゲスト出演した安藤は、明石家さんまから「フランキー堺に似ている」と言われた。そのあと安藤は質問に答えるときに、自分のことを「フランキーは」「フランキー的には」と喋っていた(そしてウケていた))

「これは何かの罠なのか?」と言いたくなるくらい順調なこの2試合ですが、3戦目もそういう展開を望みます。


<今日の世界タイ記録>
金本が903試合連続フルイニング出場を達成。
素晴らしい。
ただ、正直に言って、素人である私にはその凄さがイマイチぴんとこない部分もある。わかるようでわからない。
想像できるのは、「阪神タイガースの試合を903試合連続フルイニング生観戦するしんどさの、もっとえげつないバージョンなんだろうな」ということくらいである。


<今日の順位予想>
1.阪神 (この強さはほとんどマジックが点灯したようなもの)
2.中日 (上原を攻略しといて内海を攻略できないってどういうこと? ねえ、どういうこと?)
3.巨人 (小久保きんに君が4番に坐るようになると恐い)
4.ヤクルト (川島の復帰が遅れそうで気の毒)
5.横浜 (頑張れ)
6.広島 (頑張れ)



4/8(土)阪神vs横浜 2回戦 (大阪ドーム 14:00)

横 浜  0 1 0  0 0 0  0 0 1  2
阪 神  0 3 0  0 0 0  0 2 X  5

 安藤(1勝0敗0S)
 土肥(1勝1敗0S)
 [神] 今岡 2号(2回2ラン) 浜中 3号(2回ソロ) 今岡 3号(8回ソロ)
[PR]
by beertoma | 2006-04-09 06:29 | 阪神タイガース

4/7(金)阪神vs横浜 1回戦

腐っても鯛でした。不調でも三浦でした。ビックリです。
一回裏に打者一巡の猛攻、二回裏にも打者一巡の猛攻、三回裏には三浦逃走、そう予想していたのですが、甘かったようです。かなりの崖っぷちまで追いつめたのですが、トドメを差すことができず、老獪な投球術にやられてしまいました。

でも、負け惜しみをいいますけど、三浦の球、去年ほどはキレがないような気がしました。(去年はいかにも”抑えこまれた”という印象だったのですが、今日はそうでもなかったような・・・)。
まあ、打てなきゃ一緒ですけど、今回は、タイガースの選手たちが(三浦の不調に気づかず)去年までのイメージに合わせてしまっていたんだと思います。いわゆる「ノリツッコミ」の「ノリ」に当たる部分です。次の試合では「なんでやねん!」とばかりに三浦に襲いかかることでしょう。

矢野と今岡の打撃がが「まあまあ」の状態になりさえすれば、三浦なんて軽い軽い。


<今日の不安>
1. 矢野と今岡のバッティング。
特に矢野。デッドボールを食らっていないはずなのに、あの「泥酔した人のバッティングフォーム」になりかかっているようにも見えた。
一日も早い復活を祈ってます。

2. 鳥谷が守備そっちのけで農業に精を出している。
7回表のヒットの場面(打者が誰だったか忘れました)。打球が飛ぶ直前に身体の重心をセカンドベース方向に移動したため、逆サイドを抜かれてしまっていたが、あれは二塁ベース付近の土の部分に植えた苗を確認しようとしたため。
(いかにも苗を確認するような目付きをしていた(ように見えた)。唇がかすかに「ぼくのブロッコリー」と動いていた(ように見えた))



4/7(金)阪神vs横浜 1回戦 (大阪ドーム 18:00)

横 浜  0 0 0  0 0 0  2 0 0  2
阪 神  0 0 0  1 0 0  0 4 X  5

 井川(1勝1敗0S)
 川村(0勝1敗0S)
 [神] 金本 3号(4回ソロ)
[PR]
by beertoma | 2006-04-09 06:26 | 阪神タイガース

4/6(木)広島vs阪神 2回戦

どういうめぐりあわせか、8回裏だけTV観戦してしまいました。
緒方の打球がレフト方向に飛んでいったとき、レフトスタンドに岩石が見えたような気がしました。(WBCの韓国戦のときみたいに)
ま、あの流れでは、誰が投げていても追いつかれてたでしょう。


今年の三浦は調子がよくなさそうなので、今日はあっさりと攻略してくれるはず。



<今日の順位予想>

1.巨人 (小久保が今日のヒーローインタビューで「我々はチャレンジャーですから」と答えていた。チームを引っぱるキャプテンに”よっさんスピリット”が備わっているのなら、優勝の可能性は大きい。この強さは本物かもしれない!)
2.中日 (今日からの三連戦で巨人の勢いを止めてくれ。でないと、加速がついて大変なことになってしまうぞ。セ・リーグの火を消すな!)
3.阪神 (いくら相手が超高校級の黒田君とはいえ、あんな攻撃をしているようでは、お先真っ暗だ!)
4.横浜 
5.広島 
6.ヤクルト 


4/6(木)広島vs阪神 2回戦 (倉敷 18:00)

阪 神  1 0 1  0 0 0  0 0 0  0 0 0  2
広 島  0 0 0  0 0 0  0 2 0  0 0 0  2

[ 阪神 ] オクスプリング - 能見 - 藤川 - 久保田 - 相木
[ 広島 ] 黒田 - ベイル - 横山 - 高橋 - 永川
[PR]
by beertoma | 2006-04-07 06:40 | 阪神タイガース

4/5(水)広島vs阪神 1回戦

そうそうこれこれ、これですがな。先発スイスイの打線ボカスカ。これが阪神の野球です。
わびさび抜きの電車道野球。雪ダルマ式に点差の開いていく野球。いやー、気持ちいい。

(といっても、リアルタイムでは観戦できず、スポーツニュースで結果を知っただけですが)

ファン孝行の選手たちに感謝。

今日もひとつ、こんな感じで勝ってもらって、おいしい酒を飲ましてもらいまひょ。


<今日の不安>
といっても、打ち崩したのはガトームソンと大島。小僧さんの石川には抑えられたし、やっぱり、エース級と当たると、あのイライラする展開が待っているんでしょう。
早く三浦と当たって腕試ししてほしい。


<今日の順位予想>
先日、今年のセ・リーグ順位予想を発表いたしましたが、本日の結果を踏まえ、ほんの少し、変更いたします。

1. 阪神 (この強さは本物だ!)
2. 中日 (今年も不気味だぞ落合発言)
3. 巨人 (ホンマに強いんか? 今の巨人の強さって、ポットパイのパイ皮みたいなもんちゃうんか? 一押しでドロドロの中に突き落としてやるぜ!)
4. 横浜 (陣内智則に打たれた三浦なんて、もう恐くない)
5. ヤクルト (故障者が多いのが気の毒)
6. 広島 (阪神戦以外は頑張れ)




4/5(水)広島vs阪神 1回戦 (広島 18:00)

阪 神  4 1 1  1 0 1  2 0 0  10
広 島  0 0 0  0 0 0  0 0 1   1

 下柳(1勝0敗0S)
 大島(0勝1敗0S)
 [神] 浜中 1号(1回3ラン) 2号(3回ソロ) 金本 2号(4回ソロ) 関本 2号(6回ソロ)
[PR]
by beertoma | 2006-04-06 06:08 | 阪神タイガース