<   2004年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

日本×ヨルダン

某月某日

アジアカップ準々決勝の日本×ヨルダンを見る。PK戦の醍醐味を満喫した。高校野球の横浜×PL学園を見たときのような、「いいもの見させてもらった」という満足感があった。

地上波で見ていたのだが、日本選手へのあの凄まじいブーイングはどこまで本当なのだろうか。プロ野球中継などでも、外野席の応援が放送局によって全く違って聞こえることがある。視聴者の中国に対するイメージを操作しようとして、テレビ局が音量を調節しているのかもしれない。まあ、これは勘繰りすぎだとしても、「テレビはしょせんテレビはしょせんテレビ」という呪文を忘れないようにしなければ。
ブーイングがテレビで見る以上にひどいものだったとしても、日本代表がたくましくなるチャンスと考えればいいのかもしれない。
って、選手は大変でしょうけど。お疲れさまでした。
[PR]
by beertoma | 2004-07-31 23:45 | その他スポーツ

「高い窓」 レイモンド・チャンドラー

某月某日

「長いお別れ」に比べて登場人物が多彩で話の展開も早い。素直に楽しめた。
ただ、話を広げすぎて収拾がつかなくなったのか、最後のまとめ方に強引さを感じる。ひょっとして、チャンドラーは何も考えずにタイプライターの前に座り、書きながらストーリーを考えていたのだろうか。

マーロウに事件を依頼するマードック夫人が濃いキャラクターで印象に残った。

「マーロウさん、私ははっきりものをいいますよ。でも、気にしないでくださいよ。あなたが私のいうことを気にするようだと、あなたは役に立たないんです」
私はうなずいた。とくに返事はしなかった。
彼女は突然笑い出した。それから、げっぷをした。かるいげっぷだった。大げさなげっぷではなく、いつものことなので気にもとめていないようだった。



a0034898_1524516.jpg高い窓
清水 俊二 訳/ 早川書房
スコア選択: ★★★★

[PR]
by beertoma | 2004-07-31 02:39 | 読書

古都からん・ころん

某月某日

FNS27時間テレビ「楽しくなければテレビじゃないじゃ~ん」 のビデオを見る。リアル・タイムで見たほうが面白いのだろうが、CMなどを早送りにしたいので録画での視聴。

「クイズ生マジオネア」
今田耕司がさほど面白くなかったのが意外だった。番組の雰囲気に飲まれてしまい進行するのに一杯一杯という印象。アウェイの番組で最年長者だったためか。
「ファイナル・アンサー?」からの間が長すぎる。早送りで対処。

「生・笑わず嫌い王 with とんねるず」
木梨憲武の一言「古都からん・ころん」に爆笑。その名を聞いた瞬間、無意識のうちに復唱しようとしたが、「こ」と言ったきり全身の力が抜け笑い転げてしまった。
笑い飯があまり面白くなかったのが意外。基礎的な演技力の部分での弱さを感じる。あのネタを中堅以上の芸人がやればかなり笑えるのではないか。まあ、あのシチュエーションでの漫才をとやかく言うのは間違っているのだろうけど。

「さんま・中居の今夜も眠れない」
うまい具合にハプニングも起こり、それなりに笑えた。ただ、これからもっと面白くなるというところで終わったのが残念。さんまはあそこからだと思う。
[PR]
by beertoma | 2004-07-29 23:38 | お笑い

バズ・ラーマンの「ラ・ボエーム」

私はクラシック音楽に造詣が浅い。駄耳というのだろうか。最初に聞いた演奏がオリジナルに聴こえてしまう。
例えば、モーツァルトの交響曲第39番。ムラヴィンスキーの指揮が素晴らしいとどこかで読んだので、レニングラード・フィルのライブ盤を購入、繰り返し聴いた。ここまではいいのだが、それ以降どの指揮者の演奏を聴いても、「あ、ムラヴィンスキーのカヴァーやってる!」としか思えなくなってしまった。「ムラヴィンのはもっとヴァイオリンがキュインキュインしてるんだよねー。やっぱオリジナルがいいよねー」などと考えてしまうのである。
これではいけないと思うのだが、どうしようもない。
また、オペラがクラシック音楽の部分集合かもしれない関係上、ぐらぐらの三段論法により、オペラにも造詣は浅い。全曲聞いたことがあるのは、「ラ・ボエーム」「トスカ」くらいである。

というのが、以下の感想がトンチンカンなものであるかもしれないことの言い訳です。

オペラでの歌手の表情はゆっくりと変化する。歌手は曲にあわせて歌うことで、セリフの内容を伝える。喋れば数秒で伝わることも、歌えばその何倍もの時間がかかる。スローモーションで喋っているのと同じことであるから、顔の動きもスローになる。
ところが、このバズ・ラーマンの「ラ・ボエーム」では、歌手の表情はゆっくりとは変化しない。自然に動く。歌っているときはまだいい。受けにまわったときの顔の動きが、まるでテレビドラマのようなのである。歌っているミミの口から出るのはスローモーションのセリフなのに、ロドルフォやマルチェロの表情が目まぐるしく動く。次にロドルフォが歌いだすとミミが普通に反応する。
ブラウン管に人の顔が映し出されて表情が動くと、無意識のうちにその意味を解読しようとしてしまうので、このギャップに違和感を抱いた。もっとも、これは劇場に足を運ぶ観客用の演出であり、クローズ・アップをビデオに収録することまでは考慮されていないのかもしれない。しかしそれにしても、細かく動きすぎていると思う。

また、演出がところどころそっけないのも気になった。例えば、第一幕の、ミミがいったん部屋を出ようとして 「あら、ついうっかりして。どこかに部屋の鍵を」 と言いながら反転する場面である。ここでの演出があまりにもアッサリしすぎていたように思う。ミミが身体全体で音楽を押し出しているように振り返ってほしいのに、まるで音楽などこの世に存在しないかのような反転であった。これでは、 ♪ ふりむぅーかないでー、大阪のひーとー ♪ である。


ラーメン専門店の麺と比べるとインスタントラーメンにはコシがない、と文句を言っているような気もしてきたので、ここいらで撤収。
[PR]
by beertoma | 2004-07-26 22:26 | 音楽(その他)

ジェームズ・メイスン

ジェームズ・メイスンは不思議な人である。力士のようにかすれた声というか、芯のない声をしているので、何を喋っても本心を言っているようには聞こえない。とりあえずこうやって会話してるんだけどさ、ほんとは君のこと、ぜんぜん興味がないんだ、と心の中では思っているのではないか。
いったん、こういう偏見を持ってしまうと、彼のセリフがすべて「それで、どうなの、最近?」としか聞こえなくなってしまう。
よくいるでしょ、人の話をぜんぜん聞かない人が。そういう人と久しぶりに会うと「それで、どうなの、最近?」とか質問してくるんだけど、こちらの返事に馬耳東風。まじめに返答しているのに馬耳念仏。
メイスンの声からは、そういう無関心さを感じてしまう。

そういえば、「北北西に進路を取れ」でメイスンが部下のマーティン・ランドーを殴るシーンがあって、そこでの表情や手の動きが高見盛にソックリなのを思い出した。とてもユーモラスです。機会があればご賞味あれ。
[PR]
by beertoma | 2004-07-26 00:00 | 映画

函館記念

某月某日

ヤマノブリザードの単複、および色気を出してヤマノブリザード、クラフトワーク、ユキノサンロイヤル、ダービーレグノのBOXを買い、轟沈す。
ファインモーションねえ・・・。ブライアンのように力強くちぎって勝つとか、マティリアルのように怒涛の追い込みを見せるとかしてくれれば、素直にあきらめもつくのに。なんとも中途半端に存在を主張してくれたものだ。やはりあのヒステリーの原因は長時間輸送だったのか。

ヤマノブリザードはファイン、クラフトのすぐ前を走っていて、ファインと一緒にあがっていったが、直線に入ったところで付いていけず。がっかり。
[PR]
by beertoma | 2004-07-25 23:44 | 競馬

「長いお別れ」レイモンド・チャンドラー


長いお別れ

レイモンド・チャンドラー 清水 俊二 / 早川書房
スコア選択: ★★★★

某月某日

自分ではハードボイルド小説が好きだと思っていたのだが、そのくせチャンドラーはあまり読んだことがなかった。いや、この作品を含め何作かは読んでいるのだけれど、すっかり忘れてしまっている。これではいけない、そうだ、最近雨降らないからチャンドラーでも勉強しようと思いついたので、とりあえず読んでみることにした。
「レクイエム」の後に読んだためなのか、ゆっくりもっさりしているような印象を受けた。現代のリズムが身体に残っているのだろうか。スピード感の違いにとまどう。
独特のトーンにも慣れるのに時間がかかった。なんというか、登場人物のみんな、はじけてないんだよねー。もうちょっとニヤリとさせる場面とかがあればいいのに。

マーロウはテリー・レノックスのことを「どうしてもきらいになれない人間だった」と言っているのだが、それなら読者にもそう思えるように、セリフやエピソードでもっと描いてほしかった。そういうタイプの小説ではないのかもしれないが、作品全体に占めるテリーの割合、というか存在感からすれば、あってもいいんじゃねえのと思った次第。

チャンドラーの読み方を根本的なところで間違っているような気もするが。
[PR]
by beertoma | 2004-07-25 22:30 | 読書

日本×タイ戦

某月某日

アジアカップ2004日本×タイ戦を見る。選手たちのモチベーションが盛り上がっていないような気がした。まあ、見ている側のモチベーションも同様なので仕方ないのかもしれない。
前回の大会については、去年の阪神タイガースのように思いのままに勝ち進んだという印象があって、そういうのを体験してしまっているものだから、こちらとしても普通に勝つだけでは満足できなくなっている。阪神が巨人に普通に勝っただけでは満足できないのと同じだ。
それに、近隣の国で開催というのもよくない。やっぱり、夜中や明け方に見てこそ国際大会のありがたみがあるというものだ。ゴールデンタイムに放送されても、呼びすぎのキリンカップみたいで・・・。

函館記念は8番ヤマノブリザードの単複で勝負することにする。馬単2着付けも面白そうだけど。ファインモーションは、安田記念のヒステリーを見せられたので買う気になれない。
競馬はどんな勝ち方であっても、素直に喜べるのでいい。
[PR]
by beertoma | 2004-07-25 03:40 | その他スポーツ

畠山氏とナカライさん

某月某日

夜7時過ぎ、酔っぱらってテレビを見ていた。NHKのニュースである。
プロ野球の途中経過が終わると、畠山アナウンサーがカメラに向かって話しかける。
「続いてお天気です。この週末は暑くなりそうですね。ナカライさん」
画面は、天気図を背にしたナカライさんの映像に切り替わる。彼女もこちらを見つめている。
「はい。この週末も暑い夏空が広がる日が多くなるでしょう」

いつも不思議に思うのであるが、彼らはなぜカメラ目線で会話しているのだろう。畠山氏はナカライさんに、ナカライさんは畠山氏に話しかけているのではないのか。
それなのに、私と目が合っている。それなのに、私は無視されている。

見ているうちに気がついた。彼らは、私の脳を経由して、何かをやり取りしているのではないか?
きっとそうだ。私は利用されている!

酔うとロクな考えが浮かんでこないな、と思いながらチャンネルを変えた。
[PR]
by beertoma | 2004-07-24 01:43 | その他テレビ番組

「レクイエム」 ジェイムス・エルロイ

a0034898_1695241.jpg私立探偵が主人公の、いわゆるハードボイルド小説。
ストーリーは比較的ストレートに進んでいく。実はこの人があの人だったとか、この味方が敵だったとか、そういうひねりはない。謎が明かされていくスピードは現代的で、アクションシーンも適度にあり、マイペースで読むことができた。
少し変わっているのは、途中で主人公が煮詰まってしまうところである。クラシック音楽が好きな探偵であるので、音楽を聴くことで精神的危機を乗り越えようとする。私としては、コルトレーンなぞを聴き込んで、さらに煮詰まってほしかったのであるが、それはちょっとかわいそうか。

他のエルロイ作品としては、「ブラックダリア」「秘密捜査」くらいしか読んだことがなく、また、それらの内容もすっかり忘れてしまっているので、「うーん、とってもエルロイ!」と言える作品なのかは判断いたしかねますが、一つのハードボイルド小説として大いに楽しめる作品ではあります。
[PR]
by beertoma | 2004-07-23 01:50 | 読書