<   2004年 10月 ( 43 )   > この月の画像一覧

スティーヴ・グロスマン

a0034898_4394094.jpg

Boucing with Mr. A.T. / Steve Grossman
Steve Grossman (ts), Art Taylor (ds), Tyler Mitchell(b)

1989年イタリアでのライブ。
スティーヴ・グロスマンは1970年に弱冠18才でマイルスのバンドに抜擢されたサックスプレーヤー。

ジャズは理屈ではない。ナンダカンダア~ダコ~ダいったところで、早い話、ただドバ~ッとやってくれればいいのだ。それを全身でドンと受けとめればいいのだ。
(「マイルスを聴け version6」中山康樹 P.188)

ここでのスティーヴ・グロスマンの演奏がまさしくドバ~ッである。ピアノレス・トリオで豪快に吹きまくっている。グロスマンはこうでなくっちゃ。
90年代始めに同じDREYFUSレーベルに吹き込まれたスタジオ録音の作品(バリー・ハリスのトリオとの "DO IT"、シダー・ウォルトン・トリオとの "A SMALL HOTEL" )と聴き比べてみると、グロスマンがいかにライブの人であるかがわかる。
彼は獣(けだもの)なのである。ライブではサバンナを駆け抜ける猛獣のように生き生きとしているのに、スタジオ録音では動物園に幽閉されているかのように大人しい。

スタジオ録音の作品を聴いているうちに

これはもう駝鳥ぢゃないぢゃないか。
人間よ、
もう止せ、こんなことは。


という高村光太郎の「ぼろぼろな駝鳥」の一節を思い出してしまった。

「誰でもいいからとにかく豪快に吹きまくっているやつを!」というときにうってつけのアルバム。
[PR]
by beertoma | 2004-10-31 01:38 | 音楽(JAZZ)

天皇賞(秋)予想

何が勝っても驚けないメンバーとなりました。こんなGⅠはめったにありません。予想するのが楽しいですが、考えすぎで頭がパンパンになりそうです。
馬場は稍重、ペースはハイペースになるとみて、以下の印になりました。

◎ ナリタセンチュリー
○ ツルマルボーイ
▲ リンカーン
△ シルクフェイマス
× サクラプレジデント

今のナリタセンチュリーであれば、流れが速くなってもついていけると思います。
ゼンノロブロイは1番人気に応えることのできる馬だとは思えないので消します。
5頭の馬連BOXでいってみます。

岡部のシェルゲームが少し怖いような気もしますが、どうせ点数増やしても当たらないので。
[PR]
by beertoma | 2004-10-31 01:36 | 競馬

「ミッドナイト・ラン」

ミッドナイト・ラン
/ ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン


かつてはロバート・デ・ニーロが苦手であった。彼の演技に接するたびに「上手けりゃいいってもんじゃないでしょうに」と呟いていた。
上手さイコール感動とならないのが、芸(術)の奥深いところである。例えば、J・J・ジョンソンのトロンボーン。「ソニー・ロリンズ VOL.2」を聴くと3回に1回は、トロンボーンがない方がいいのに、と感じる。(まあ、これは、「上手さ」よりも「トロンボーンの音」の問題かもしれませんが)

そんなデ・ニーロの演技も、最近は角がとれて人間味が増したように感じられる。いったん受け入れてしまえば、過去の作品にも先入観なしで見ることができる。

元警官で今は賞金稼ぎのジャック・ウォルシュ(デ・ニーロ)がマフィアの金を横領した男(C・グローディン)を、マフィアとFBIの双方から追われながら護送するというお話。

脚本がよくできている。コメディ色が強く、登場人物の行動に無理があるような箇所もなくはないが、そこは80年代の作品だと割り切って見れば、大いに楽しめる作品であると思う。


ミッドナイト・ラン(1988)
MIDNIGHT RUN
監督:マーティン・ブレスト
脚本:ジョージ・ギャロ
出演:ロバート・デ・ニーロ、チャールズ・グローディン、ジョン・アシュトン、ジョー・パントリアーノ
[PR]
by beertoma | 2004-10-30 01:10 | 映画

「プルート・ナッシュ」

プルート・ナッシュ
/ ワーナー・ホーム・ビデオ


SFコメディ。ストーリーは単純。月(moon)でクラブを経営しているプルート・ナッシュ(E・マーフィ)が、暗黒街のボスに店を売り渡すよう命令される。断ったナッシュは殺し屋に命を狙われる。

関係各方面ではかなり評価が低いようであるが、意外に楽しめた。
理由は以下の4つ。
1.こちらから歩み寄らなくても楽しめる映画が観たいという心理状態。(ボーっと見ながらヘラヘラと笑いたい気分だった)
2.エディ・マーフィの映画はこんなものだろうという期待値の低さ。(「大逆転」や「ビバリーヒルズ・コップ」クラスの面白さを期待しなくなった)
3.SF的なアイデアがよかった。(ロボットや運転手など)
4.パム・グリア、ジョー・パントリアーノ、バート・ヤングなど共演者の芸達者ぶり。(お馴染みの人が出てくると嬉しい)

ショウタイム 」の感想で、エディ・マーフィが昔ほど傍若無人でなくなったと(不満げに)書いたが、この作品を見て芸風の変化に納得がいった。
彼はロマーリオからマウロ・シルバへと変わったのである。かつてはフォワードとして「とにかくシュートを打つ」という役割だったのが、今ではボランチの位置まで下がって作品全体をコントロールしようとしているのだ。
芸人が売れてくると番組の進行役をするようになるのと同じことである。

エディ・マーフィーは温かい目で見守りましょう。

プルート・ナッシュ(2002)
THE ADVENTURES OF PLUTO NASH

監督:ロン・アンダーウッド
出演:エディ・マーフィ、ランディ・クエイド、ジョー・パントリアーノ
[PR]
by beertoma | 2004-10-29 01:10 | 映画

スティーヴ・アール

トランセンデンタル・ブルーズ
スティーヴ・アール / ソニーミュージックエンタテインメント


ジャンルとしては、フォーク・ロックまたはカントリー・ロック。ボブ・ディランやニール・ヤングが好きな人なら、かなりの確率で気に入ると思われます。
Excite エキサイトミュージックのアーティスト紹介でも取り上げられています。 Steve Earle
ちなみにこのアルバムについては
「00年の『トランセデンタル・ブルース』に至っては、アイリッシュ・ミュージックからブリティッシュ・ビートまでを取り込み、ポップに消化した彼の集大成的な作品に仕上がった。」
と書かれてあります。

このアルバムに収められている”アイ・キャン・ウェイト”は名曲です。シンプルなメロディーなのですが、不思議と心に残ります。
もし私がこの国の独裁者だったなら、桑田佳祐、奥田民生、桜井和寿の3氏を呼び出し、休めの姿勢で立たせて、「君たちは我が国が世界に誇るソングライターだ。天才だ。それなのにどうして君たちにこのメロディーが思い浮かばなかったのかね?」と問い詰めていたことでしょう。それくらい素直なメロディーです。

この曲と”ザ・ボーイ・フー・ネヴァー・クライド”は Mr.Children の曲に感じが似ているので、ファンの方なら気に入るかもしれません(それ以外の曲については保証できませんが)。
[PR]
by beertoma | 2004-10-28 01:10 | 音楽(その他)

一抜けは西武

某月某日

日本シリーズ第7戦を見る。

西武が横綱相撲でアッサリ寄り切り。中日の選手たちに第1戦のような硬さが見られた。最終戦ということで雰囲気に呑まれたのか。
石井貴がまたも見事なピッチング。落合監督のオレ流より石井貴の超オレ流が勝っていたということだろう。

中日ファンの皆様、お気持ちよくわかります。最悪の状態を脱するのに時間がかかると思います。

ほんと、このシリーズは不思議なシリーズだった。第3戦の打撃戦を別にすれば、どの試合も先に殴った方が勝ち。相手チームはされるがままになっていた。勝つときは強い勝ち方、負けるときは脆い負け方。相撲取りでいえば千代大海。サラブレッドに例えるとイナリワンやライスシャワー。

これで今年のプロ野球公式戦が終わると思うと寂しい。
中日の選手たちもまだ終わった気分になれないだろうから、同じく終わった気分になれていないであろうダイエーの選手たちと、日本シリーズ的なものをやっていただけないだろうか。(西武は一抜けということにして)
[PR]
by beertoma | 2004-10-26 01:10 | その他スポーツ

流れのないシリーズ

某月某日

日本シリーズ第6戦を見る。
松坂がようやく超高校級のピッチングを披露してくれた。満足。
それにしても、このシリーズは流れが読めない。というか、流れがない。両チームの現時点での戦力が拮抗しているということなのだろうか。

明日は大味な試合になりそうなイヤな予感がする。
[PR]
by beertoma | 2004-10-25 01:20 | その他スポーツ

菊花賞反省

先週の秋華賞反省時に「来週の2着候補馬は、今のところホオキパウェーブです」と書きましたが、欲張らずに複勝で勝負するべきでした。(まあ、無理ですが)

デルタブルースは全く眼中にありませんでした。アッサリ諦めがつきます。

ステイヤー血統らしいですが、2着以下をちぎっていないというのが気になります。10着までが1秒以内に入線する混戦だったということは、上位の馬の能力にさほど差がないということです。
ひょっとしたら、ハーツクライやハイヤーゲームが、リンカーンやゼンノロブロイのような存在になるのでは、と不安です。

来週は天覧の天皇賞(秋)です。2着候補はシルクフェイマス。
[PR]
by beertoma | 2004-10-25 01:10 | 競馬

菊花賞予想

セントライト記念組を重視することにしました。
ズブズブで決まってもおかしくないハイペースの中を、逃げて勝ったコスモバルクが強いのはもちろんですが、先行してそのまま上位入線をはたしたトゥルーリーズンとモエレエルコンドルも強い馬だと断定しました。
差してきたホオキパウェーブも買い。
ハーツクライは鞍上が武豊、無視すると何をされるかわからないので、仕方なく押さえておきます。

ハイアーゲームは右回りということで、よくても掲示板までと判断。
スズカマンボは前走の勝ち方から、中距離馬だと勝手に決め付けて、消し。
オペラシチーは、そうそうシチーの馬がG1を勝つわけがないと決めて、消し。

というわけで、5、9、10、15、17の馬連BOXで。
[PR]
by beertoma | 2004-10-24 01:21 | 競馬

暗いニュースばかり

某月某日

今日は暗いニュースばかりだった。

キングカメハメハが右脚屈腱炎で長期離脱

競馬を単なる賭け事としては見ていないので、こういうのが一番悲しい。
どの馬が一番強いかを知りたいだけなのに。

屈腱炎を完治させる方法は本当にないのだろうか。素人の推測であるが、研究費を投じていないだけではないのか。
ドバイのお金持ちの所有馬は屈腱炎にならないのだろうか。彼らならポンと大金を出してくれそうなものなのに。


ヤンキース敗退、レッドソックスがWシリーズ進出

ヤンキースは完全な噛ませ犬だった。
「松井が打てば他の選手たちも打つ」のか、それとも「他の選手たちが打てば松井も打つ」のか。バッティングの調子が横並びだったのが不思議。

でも、レッドソックスの選手たちが狂喜するのを見ていたら、これでよかったのかもという気になってきた。


中日快勝、2勝2敗に 日本シリーズ第4戦

中日が勝ったことが、暗いニュースなのではなく、一方的なスコアになったことが残念。
[PR]
by beertoma | 2004-10-22 01:20 | その他スポーツ