<   2005年 01月 ( 36 )   > この月の画像一覧

「ハンテッド」

ハンテッド
/ ポニーキャニオン

ハンテッド (2003)
The Hunted
監督:ウィリアム・フリードキン
脚本:デヴィッド・グリフィス、ピーター・グリフィス、アート・モンテラステリ
出演:トミー・リー・ジョーンズ、ベニチオ・デル・トロ、コニー・ニールセン、レスリー・ステファンソン

<ストーリー紹介>
えー、毎度のお運びありがとさんでございます。
そういえば、こないだとうとうNHKの海老沢会長が辞めはりましたなあ。えらいブーイング浴びはったそうで。まあ、お顔だけ拝見してますと、こう、つるりんという感じで、われわれ噺家みたいな雰囲気もお持ちで、けっこう憎めんキャラクターやないかと思ったりもします。ま、あんまり大きな声では言えまへんけど。
三遊亭シュリンプとか笑福亭ロブスタとかいう名前で再デビューしゃはるんやったら、ぜひ応援さしてもらおう思とります。

ま、あのお方さんはなかなか辞めんことで批判を浴びはったわけですが、海の向こうのアメリカでは仕事をスパァーッと辞めた男がおります。名前がけったいな名前で、L.T.っちゅうんですな。何の略かは誰も知らんちゅうことです。
何の仕事をやってたかいうと、特殊部隊の教官なんです。特殊部隊。知ったはりますかな? まあ、言うてみたら軍隊のエリートみたいなもんですわ。そこで”ナイフを使った人の殺し方”なんかを教えていたわけです。
殺し方って、あんた、そんな物騒なこと教えてどないするねん、もっと他に仕事あるやろL.T.、っちゅう話なんですが、まあ、しゃーないですわな。L.T.にはL.T.の考えっちゅうもんがあるんでっしゃろ。あんまり偉そうに文句いうて、ナイフでこう、ブスーッなんてことされたらかないません。
このL.T.のところにですな、ある日、元の同僚がやってまいります。
「L.T.」
「おお、生きとったんかい」
「ちょっと聞いてもらいたい話があって来た」
「話? 話ってなんやねん」
「ちょっとこの写真を見てくれ」
「俺、もう仕事せえへんで」
「アーロン・ハラムって男だ。見覚えあるか?」
「さあ?」
「お前の教え子だった奴だ」
「・・・なあなあ、そんなことより、L.T.が何の略か教えたろか?」
「連続殺人で指名手配されている」
「無視かいな。あんなに知りたい知りたい言うてたのに」
「コソボ紛争でココがいかれちまって、帰ってきてから一般人を何人も殺したらしい」
「・・・それやったら、こっちも無視作戦や」
「今はオレゴンの山の中に隠れている。お前ならヤツの考えてることがわかるはずだ。追跡してくれ」
「知らんがな」

逃げまくるアーロン・ハラムと追いかけまくるL.T.の物語。

<感想>
逃走と追跡が生み出すサスペンスを重視した作品。状況説明や人間関係の描写などは最低限に抑えられている。
追跡の場所も、山の中に始まり、街中、地下道、電車、などバラエティに富んでいる。
ここまで特化すれば、これはこれで楽しい。
ただ、ナイフを使った決闘シーンは止めてほしかった(痛いので)。

ベニチオ・デル・トロがいい味を出していた。
[PR]
by beertoma | 2005-01-31 01:10 | 映画

「タイムライン」

タイムライン
/ アミューズソフトエンタテインメント

タイムライン (2003)
Timeline
監督:リチャード・ドナー
原作:マイケル・クライトン
脚本:ジェフ・マグワイア、ジョージ・ノルフィ
出演:ポール・ウォーカー、フランシス・オコナー、マット・クレイヴン

<ストーリー紹介>
フランスのとある場所で学生たちが遺跡の発掘をおこなっていました。14世紀の修道院を掘り起こそうというのです。
作業は順調に進んでいるかに思えました。
ところが、ある学生が不思議なものを掘り出します。眼鏡のレンズと「助けて」と書かれたメモです。
「ありえへん」
「レンズってあんた・・・」
「なんで14世紀に現代のレンズがあんねん」
「こんなもん捏造に決まってるやんけ」
「ほんまやほんまや」
学生たちはわいわい騒ぎ、そのレンズを遠くに放り投げましたとさ。
で、終わればめでたしめでたしだったのに、メモを見ていた一人がこう呟きました。
「なあなあちょっと、この字ってさあ、ジョンストン教授の字ちゃうの?」
ジョンストン教授はこの発掘のリーダー、数日前から行方不明となっています。
「うわ、ごっつ似てる」
「あんたええとこ見てるなあ。めっちゃ似てるわー」
「いやー、そっくりえー」
「ほんまやほんまや」
学生たちはわいわい騒ぎ、いちおうチェックしてみることにしました。
すると、レンズは現代のものだが14世紀から埋まっていること、メモの筆跡は教授のものであること、でもこのメモも14世紀から埋まっていること、が判明したのです。


タイムマシン的なもので14世紀に行ったはいいが帰ってこれなくなった、人騒がせな教授を助けるため、学生たちが二重遭難しかかる物語。
ミイラ取りがミイラになってしまうのか?
それとも、ミイラ取りはもともとミイラだったのか?

<感想>
中世だけの物語だと見る気がしないのだが、現代と繋がっていたので素直に楽しむことができた。

藤子不二雄ワールドを金かけて実写にしたという感じか。
[PR]
by beertoma | 2005-01-30 01:20 | 映画

「ドリームキャッチャー」

ドリームキャッチャー 特別版
/ ワーナー・ホーム・ビデオ

ドリームキャッチャー (2003)
Dreamcatcher
監督:ローレンス・カスダン
原作:スティーヴン・キング
脚本:ウィリアム・ゴールドマン、ローレンス・カスダン
出演:モーガン・フリーマン、トム・サイズモア、ダミアン・ルイス

<ストーリー紹介>
昔の仲間たちが山小屋に集まって楽しい時間を過ごしていたら、一人の男がやってきて、何もかもめちゃくちゃにしてしまう物話。

<感想>
モーガン・フリーマンの主演、ローレンス・カスダンが監督ということで大いに期待したのだが、「キングの小説はストーリーだけ取り出しても楽しめない」ことを証明する結果となってしまった。
原作を読んでいないので詳しいことはわからないのだが、”いいとこ取り”をしようとしすぎたのではないか。M・フリーマンのエピソードをばっさりカットするか、あるいは、監督にスピルバーグを起用してその政治力(?)で4時間の超大作にするか。
脚本化の仕方に問題があったと思う。

ただし、M・フリーマンが出ていることと、"Blue Bayou"が使われていたことで、私は満足していますが。
("Blue Bayou" はロイ・オービンソンよりもリンダ・ロンシュタットのバージョンの方が絶対にいいと思います。サビの直前に入る、あのコーラスにはどうも馴染めません)
[PR]
by beertoma | 2005-01-30 01:10 | 映画

「ノー・グッド・シングス」

ノー・グッド・シングス
/ ジェネオン エンタテインメント

ノー・グッド・シングス (2002)
No Good Deed
監督:ボブ・ラフェルソン
原作:ダシール・ハメット
脚本:スティーヴ・バランシック、クリストファー・カナーン
出演:サミュエル・L・ジャクソン、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ステラン・スカルスガルド

<ストーリー紹介>
「音楽はクラシックに限るぜ」
ジャックはそう思っている。
「ズージャは忙しくっていけない。刑事なんて稼業をやってると、プライベートくらい静かに過ごしたくなるってもんだ」
彼はケースから「チェロリン2号」を取り出した。世間ではチェロという名前で通っている楽器である。一人暮らしのジャックは休みの日になると「チェロリン2号」を演奏して心を落ち着ける。心の静寂こそがストレス解消につながると固く信じているからである。
楽譜を前に集中すると、いっせーのせっ!で弾きはじめた。チェロの音が静かに部屋を満たしていく。
「ズージャってホント駄目だよな。落ち着きってもんがねえ。せめてコントラバスだけでも静かに弾きゃあいいのに、「お熱いのがお好き」のジャック・レモンときた日にゃあ、喜色満面で正のエネルギーを出しまくりながら弾いてやがるし、「間違えられた男」のヘンリー・フォンダなんてあれだ、『古今東西の悲劇的事件は全部私がやりました』ってな暗ーい顔して弾いてやがる。あんな音楽がありますかってぇんだ」
演奏しながらこれだけのことを考えているということ自体、すでに頭の中が静寂でなくなっている何よりの証拠ではあるが、ジャックは気がつかない。
「どうだ、この無我の境地は。今までの人生で一番の無我の境地かもしれない。これでこそクラシックだ」
その時である。チャイムの音が鳴った。
ドアをあけると隣のおばちゃんが立っていた。
「なあ、ちょっとあんた。ウチの娘、家出してもうたんや。帰ってきいひんねん。今日から休暇なんやろ? ちょうどええやん、娘さがしてぇや。え? 休暇は音楽祭に行って過ごすつもり? あかんあかん、あかんてそんなもん。汝の隣人を愛さんでどないするっちゅうねや? 探して探して」

人のいいジャックが家出娘を探している途中、犯罪に巻き込まれる話。

<感想>
現代版フィルム・ノワール。ハメットの原作を現在に当てはまるよう、うまくマイナー・チェンジしている。
(別の言い方をすれば、昨今のハリウッド映画のような、濃いサスペンスや濃いアクションはない)

監督が個性を前面に押し出すことなく裏方に徹して撮っているので、つるりと楽しめた。

サミュエル・L・ジャクソンとミラ・ジョヴォヴィッチが好きな人なら、そして過大な期待をしなければ、楽しめる作品だと思う。
[PR]
by beertoma | 2005-01-29 01:10 | 映画

「哲学」 島田紳助&松本人志

哲学
島田 紳助 松本 人志 / 幻冬舎

(たしか紳助がTVで、「この本はインタビューをもとに作られた」と言っていた記憶がありますので、そのようにして作られたという前提で書いています。)

「笑いの哲学を語る」「人生哲学を語る」の二部構成。
「笑いの哲学を語る」の部分では、”笑いについての考え方”のほか、お互いのこと(笑いの才能)をどう思っているのか、デビューしてからのエピソード、についても語られている。

おそらく編集者は二人のファンである。彼らの才能を高く評価しているのだろう。
それはいいのだが、(ファン意識が過ぎるあまり、)彼らの発言に対する推敲が甘くなっている気がした。言ったことをそのまま活字にしすぎである。

松本人志

そうではなくて、あの人の前で僕が緊張するのは、僕がかつてあの人に憧れていたとか、過去に尊敬していたとかいうのではなく、その感情が今も僕の中で現在進行形で継続しているからだ。
これは、僕の本心からいっている。
(P.8)

紳助さんがいなかったら、僕はきっとこの世界に入っていなかった。
あらためてこんなこというのは照れくさい。
が、これが本当なんだから仕方がない。
(P.16)

島田紳助

恐るべき奴だと思う。
ほんとうにすごい。
『松本紳助』の番組の中で、あいつと話をしながら、僕は何度心の中で思うことか。

(中略)
僕は本番中に、松本に感動しているのだ。
いっておくが、僕があいつのことをよいしょしても、なんの得にもならない。だから、これはほんとうに僕の本心から、そういっているのだ。
(P.22)

もし、この通りに発言していたとしても、褒めあいの言葉は抑えるべきである。今の我々に対してはいい。彼らの凄さをわかっているから。だが、50年後の人がこの本を読んだなら、「こいつらイタイな」としか思わないのではないだろうか。(そこまで想定していなのでしょうが)
あと、自分の発言を強化しようとする「本心です」「本当です」も不必要だと思う。

彼らの「笑いの哲学」をもっと深く知りたいと思っていただけに、やや残念な内容。
二人はプレーヤーでありレッスン・プロではないので、インタビュアーが話を引き出さなければならない。この本を叩き台にして再インタビューしていただきたい。

(いわゆるタレント本ですので、あんまり真面目に感想を書くのもアレかなとも思ったんですが、なんか、勿体ない気がいたしましたもので)
[PR]
by beertoma | 2005-01-28 01:10 | 読書

「チェーン・リアクション」

チェーン・リアクション
/ 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
ISBN : B00009QI0T

チェーン・リアクション (1996)
Chain Reaction
監督:アンドリュー・デイヴィス
原案:アーン・L・シュミット、リック・シーマン、ジョシュ・フリードマン
脚本:ジョシュ・フリードマン、J・F・ロートン、マイケル・ボートマン
出演:キアヌ・リーヴス、モーガン・フリーマン、レイチェル・ワイズ、フレッド・ウォード

<ストーリー紹介>
「殺して爆破して、綺麗サッパリ片付くはずだったんです」とスティーヴ・ミラー(仮名)さん(27歳)はいう。
「現場にあの男が戻ってくるなんて、誰が想像できます? しかも、博士が殺された事実を確認しちまうわ、大爆発からはカスリ傷で逃げのびるわ・・・。ふつうあり得ないですよね(笑) 俺もヤキが回ったのかなって思いましたよ一瞬」
スティーヴ・ミラー氏は巨大組織の一員である。ある研究の成功を公けにしたくないため、ただそれだけの目的で数ブロックが吹き飛ぶほどの大爆発を実行したという。
「やりたくはないんですけど、これも仕事ですからね」

現場を見てしまったエディが逃げまくる物語。

<感想>
この作品は、かつて「ザ・ロック」と2本立てで見たことがあり、そのときの印象は”なんとも大味な作品”というものだった。
数年の時を経て内容をすっかり忘れたので再見することにした。
ひょっとしてあの印象は「ザ・ロック」と比べたからなのかもしれない。「ザ・ロック」はよくできたアクション映画だ。「チェーン・リアクション」単独で見れば楽しめるかもしれない。
そう考えたのだが、このポジティブ・シンキングは間違いであった。大味は単独でも大味。

ただ、見ている間は夢中にさせられたので、それで満足すべきなのかもしれません。
[PR]
by beertoma | 2005-01-26 01:10 | 映画

「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ
/ ブエナビスタ・ホームエンターテイメント

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ (2001)
The Royal Tenenbaums
監督:ウェス・アンダーソン
脚本:ウェス・アンダーソン、オーウェン・ウィルソン
出演:ジーン・ハックマン、アンジェリカ・ヒューストン、グウィネス・パルトロー、ダニー・グローヴァー、 ビル・マーレイ

<感想>
家族の再生の物語。
アキ・カウリスマキの映画をアメリカ化したような印象。心に傷を持ったちょっとおかしな人々が、脳内でアドレナリンを出すことなく生きているさまを描いている。

コメディと紹介されているが声をあげるような笑いはない。また、ドラマチックな展開やカタルシスもない。

この作品は映画館かDVDで見るべきである。オレンジや赤といった色が数多く使用されているので、ビデオ+ブラウン管で見ると、色が割れたり滲んだりして集中できない。
「この場面は映画館だとどういう印象になるのか」を絶えず考えながら観るのは辛いっす。
[PR]
by beertoma | 2005-01-25 01:10 | 映画

島田紳助復帰

<祝!島田紳助復帰>
遅ればせながら紳助の復帰番組をいくつか見ました。(「クイズ!ヘキサゴン」「行列のできる法律相談所」)
萎縮することなく以前と変わらぬ勢いで司会をしていたので安心しました。

<ヘキサゴンで面白かった場面>
「クイズ!ヘキサゴン」(01/19(水)19:57 フジテレビ)
出場者は、竹山隆範(カンニング)、陣内智則、劇団ひとり、麒麟、だいたひかる、レギュラーの6組。
最後の対戦に残ったのは陣内智則と麒麟であった。麒麟が陣内に出題。
問題は
「名人もたまには失敗する」ことを「上手の手から『何』が漏れる」というでしょうか?
というもの。
陣内に正解できるわけがないと考えた麒麟の二人はヘキサゴン(「間違っている」と予想)。
ところが解答をオープンしてみると、そこには「水」という文字が・・・。正解。
陣内「おっしゃー!」
スタジオ中がビックリ! 日本中が驚愕!
陣内「僕ね、知らんかったんですよ、これ。漏れるもん何や思たら、お金か水やと。お金なんていやらしいやろと。ほな水ちゃうかって書いたんですよ。当たったー!」

別室にいる、すでに退場となった解答者たちの様子が映し出される。モニターを前に彼らも驚いている。
そのときのレギュラー(松本康太、西川晃啓)とカンニング・竹山の会話。
(ちなみに、レギュラー・松本の口調は、小学生が先生に告げ口をするときの感じ)

松本「これでここまで来はったんですよ! こういう、こういう(絶句)」
竹山「全部?」
松本「(激しくうなずいて)全部です」
西川「運です運です」
松本「大阪の生放送もこういう感じで、全部うまいこといかはったんですよ(絶句)」
[PR]
by beertoma | 2005-01-24 01:20 | お笑い

「めぐりあう時間たち」

めぐりあう時間たち DTSスペシャルエディション (初回限定2枚組)
/ アスミック

めぐりあう時間たち (2002)
THE HOURS
監督:スティーヴン・ダルドリー
原作:マイケル・カニンガム
脚本:デヴィッド・ヘア
出演:ニコール・キッドマン、ジュリアン・ムーア、メリル・ストリープ、ジョン・C・ライリー、トニ・コレット、エド・ハリス、クレア・デインズ、ジェフ・ダニエルズ、アイリーン・アトキンス

<ストーリー紹介>
3人の女性が主人公。それぞれの一日が(交互に)描かれている。
1人目は作家のヴァージニア・ウルフ(ニコール・キッドマン)。1923年。ロンドン郊外で病気療養しながら「ダロウェイ夫人」を執筆中。
2人目は主婦のローラ・ブラウン(ジュリアン・ムーア)。1951年のロサンジェルス。今日は夫の誕生日なので息子とケーキを焼いている。
3人目は編集者のクラリッサ・ヴォーン(メリル・ストリープ)。2001年のニューヨーク。今夜は彼女の家でパーティが開かれる。その準備中。

<感想>
文芸作品の映画化は退屈するものが多く、これもそんな一本ではないかと心配したが、杞憂に終わった。3人の主人公をカットバックによって交互に描くという手法がいい。飽きることなく最後まで楽しめた。
これがオムニバス形式だったらどうだろう。「ヴァージニア・ウルフの一日」「ローラ・ブラウンの一日」などと一人分ずつ見せられていたら、退屈したかもしれない。
ただ、どちらの場合でも、最終的に見るフィルムの量は同じである。順番が違うだけで。
朝三暮四のサルをあまり馬鹿にはできないということか。

ただ、どうせ三人使うのならもっと相乗効果を生むようなストーリーにして欲しかった。1+1+1が5にも6にもなる筈なのに、ここでは1+1+1=3.5にしかなっていない(ような気がする)。
まあ、そういう、構成で驚かせるタイプの映画ではないので、仕方ないのだろうが。

3人の主演女優の演技が素晴らしい。とくにメリル・ストリープ。やっぱりすごい。すごすぎる。受けの表情の上手さは筆にも舌にも尽くしがたい。


ヴァージニア・ウルフの小説を読んだことがあれば、もっと楽しめる作品なのかもしれません。
[PR]
by beertoma | 2005-01-24 01:10 | 映画

カムザタン

写真はありませぬが、TBします。

一月ほど前、韓国料理のカムザタンという鍋を食べたのですが、それがもう、浦島太郎が竜宮城で食べた料理くらいおいしゅうございました。豚の骨付き肉とジャガイモを辛く煮込んだ鍋なのですが、スープの旨さが悶絶ものなんです。

食べたことない方に説明してみます。
まず、あなたがこれまで食べた坦々麺の中で、一番おいしかった味を思い出してください。
次に、あなたがこれまで食べたとんこつ味のラーメンの中で、一番おいしかった味を思い出してください。
思い出しましたか?
では、頭の中で二つのおいしさの積を求めてください。足しちゃいけませんよ。かけるんです。
ヨダレが出そうざましょ?
それがカムザタンの味なんです。

小さい頃の夢は、洗面器いっぱいに作ったプリンに、顔面から突っ込んで食べることでした。
今の夢は、カムザタンの風呂で泳ぎながら食べることです。ヒリヒリしたってかまわない。


これぞおいし~い「あったか鍋!」
[PR]
by beertoma | 2005-01-23 01:10 | 食べ物