<   2005年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

「レッド・ドラゴン」

レッド・ドラゴン
/ ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
ISBN : B00081U4O8

レッド・ドラゴン (2002)
RED DRAGON
監督:ブレット・ラトナー
原作:トマス・ハリス
脚本:テッド・タリー
出演:アンソニー・ホプキンス、エドワード・ノートン、レイフ・ファインズ、エミリー・ワトソン、メアリー=ルイーズ・パーカー、ハーヴェイ・カイテル、フィリップ・シーモア・ホフマン

<ストーリー紹介>
ハンニバルくんはとっても食いしん坊。特に大好きなのはお肉で、牛肉、豚肉、鶏肉、人肉、どんなお肉だって自分で料理しておいしく食べちゃうんですって。むしゃむしゃぱくぱく。

ある日のこと、ハンニバルくんはコンサートに行きました。クラシック音楽も大好きで、よくここに聴きに来るんです。みなさんもいらっしゃれば、音楽にうっとりしているハンニバルくんに会えますよ。
おやおや。ハンニバルくんの表情が険しくなっていますね。音楽に集中できないみたいです。ヘンな音が聞こえてくるんですって。
あら、本当だ。チェロを演奏しているおじさんがへたくそなんですね。ちょっと音が合ってないみたいです。ハンニバルくんが何か呟いていますよ。近づいて聞いてみましょうよ。
「これは芸術に対する冒涜だ。この男が演奏をダメにしている。こいつさえいなければ・・・。 そうだ! こいつを食べちゃえばいいんだ!」


そんなハンニバル・レクター博士、彼に憧れる男、そしてFBI捜査官ウィル・グレアム。3人の物語。

<感想>
やりすぎず抑えすぎず、いい感じに仕上がったサスペンス映画。
レクター博士の露出が飽きられない程度に押さえてあったのがいい。

エドワード・ノートンとエミリー・ワトソンの存在感(というか演技というか)が、この作品の雰囲気を”いやらしくないもの”にしている。

ハーヴェイ・カイテルの使い方は勿体ないような気がした。
[PR]
by beertoma | 2005-06-29 05:05 | 映画

宝塚記念反省

何という結果でしょう。ロブロイもタップも連に絡まないなんて。去年の有馬記念にこういうレースを期待したのですが。
スタートして1コーナーまでの間は、積極的にハナを奪う馬がおらず、探りあいをしていましたよね。あの雰囲気に不吉なものを感じたのですが、この不吉もっと早くを感じ取りたかったです。

結局、以下のように馬券を購入しました。

(1) 阪神(日) 11R 馬 単 1着ながし 1着:07
相手:01,06,15
(2) 阪神(日) 11R ワイド ながし 軸馬:07
相手:01,06,15
(3) 阪神(日) 11R 3連複 軸2頭ながし 軸馬:06-15
相手:01,07

01 シルクフェイマス
06 ゼンノロブロイ
07 コスモバルク
15 タップダンスシチー

直前になって、「ロブロイが3着を外すのは考えにくい」「リンカーンはいつまでたってもリンカーンだろう」と閃めいた結果こうなりました。今後はこれに「バルクはいつまでたってもバルク」も付け加えたいと思います。


やはり今日の暑さが一つの鍵になっていたのかもしれません。夏競馬は牝馬を買えといいますが、今日の気温・湿度でスイープの爆発力が(相対的に)2割増していたのでしょう。高齢馬たちが掲示板にのらなかったのもこの暑さのせいだということにしましょう。
横山典のハーツクライが2着に突っ込んでくるという筋書きは、もちろん考えなくもなかったのですが、いかにもありがちな発想で「何をいまさら」と冷笑して却下してしまいました。

でも、なんか、ヘンなレースでした。
[PR]
by beertoma | 2005-06-26 17:29 | 競馬

宝塚記念予想

<ゼンノロブロイの取捨について>
藤沢調教師によるとロブロイは「万全の状態」にあるらしいです。しかし、「万全の状態」とはどういう状態をいうのでしょうか?
例えば、JRAが「宝塚記念と有馬記念を連覇した馬は無条件で年度代表馬にする。そしてボーナス10億円を出す」というルールを制定したとします。その場合、より本気度の高まったロブロイ陣営が、果たして今回と同じステップを踏むでしょうか? 宝塚記念の前にもう1レース使うのではないでしょうか? そう考えると、「万全の状態」がさほど万全だとは思えなくなってきます。
ロブロイは休み明けのレースではポカをやらかします。一叩きしないと万全にならない馬だと思います。

というわけで、藤沢調教師にヘキサゴン!

<タップダンスシチーの取捨について>
今年の金鯱賞では(昨年感じた)有無をいわさぬ強さを感じなかったため、宝塚では蹴ると宣言したのですが、新聞を読んでいるとやっぱり外せないという気になってきました。
ここは自分にヘキサゴンして、買い目に加えることにします。


というわけで予想は以下の通りです。

◎ コスモバルク
○ タップダンスシチー
▲ シルクフェイマス
△ リンカーン

馬連のBOXで。
[PR]
by beertoma | 2005-06-26 04:49 | 競馬

阪神vs巨人8回戦

某月某日

プロ野球「阪神×巨人」戦を、部分的に、見る。

8回裏、1アウト2塁の場面で巨人バッテリーが代打・桧山を敬遠したとき、阪神ファンなら誰しも「この試合は貰った」と思ったはず。もちろん、私もニヤリとした。不振の桧山を敬遠するなんて・・・。これは、堀内監督からの「大量点さし上げます」というメッセージに違いない、ウフハハハ、グワハハハハ、と安心していたら・・・。
あの流れで巨人が勝つということは、今日はどうしようもなかったということなんでしょう。今日の流れで阪神が勝とうとするのは、ダービーでディープインパクトをはずして勝とうとするようなものだった。そう思えば腹も立ちません。
それにしても、肉を切らせて骨を断つ戦法はお見事でした。


今日の結果はさておき、この3連戦を見ていて印象に残ったのは、両チームの選手たちの笑顔である。これまで巨人・阪神戦といえば殺るか殺られるかの真剣勝負ばかりで、こんなに笑顔を見た記憶などなかった。強いてあげるなら、掛布の真剣な表情を笑顔と誤解したときくらいである。
選手たちが甲子園での伝統の一戦を楽しんでいる様子がこちらにも伝わってきた。これまでとは違った面白さがあったように思う。


6/25(土)阪神vs巨人8回戦 (甲子園18:00)

巨  人  0 2 0  2 0 1  0 0 3  8
阪  神  2 0 1  2 0 0  0 0 1  6

 久保(4勝2敗5S)
 ウィリアムス(2勝2敗0S)
 [神] 鳥谷 4号(1回2ラン) [巨] 阿部 15号(2回2ラン)、ローズ 18号(9回3ラン)
[PR]
by beertoma | 2005-06-25 23:58 | 阪神タイガース

コンフェデレーションズカップ 「日本×ブラジル」

某月某日

FIFAコンフェデレーションズカップ ドイツ2005 「日本×ブラジル」を観る。

こちらが本気で向かっていったのに、ブラジルは「へーえ、日本てこんなサッカーもするんだ」と余裕を持ちながらプレーしていたように見えた。
猪木のプロレスは、対戦相手の魅力を見せながらも(相手の技を受けてフラフラになりながらも)、最終的には自分の強さをアピールするというものであったが、今日のブラジルはまさにそんな感じだった。
被害妄想であろうか。

でも、開始10分に得点されて、同点にした5分後に再び得点されたということは、ブラジルの本気の攻撃に対しては5~10分しか持たないということなんだろうし・・・。

とにかく、ブラジルはいい選手ばかり集めてずるい、ということでこの結果を納得したい。
[PR]
by beertoma | 2005-06-24 05:20 | その他スポーツ

「太陽を盗んだ男」

太陽を盗んだ男
/ アミューズソフトエンタテインメント
ISBN : B0002L4CNI

太陽を盗んだ男 (1979)
監督:長谷川和彦
原案:レナード・シュレイダー
脚本:長谷川和彦、レナード・シュレイダー
音楽: 井上堯之
出演:沢田研二、菅原文太、池上季実子、風間杜夫、伊藤雄之助、北村和夫、神山繁、草薙幸二郎、石山雄大、水谷豊、西田敏行

<ストーリー紹介>
独力で原子爆弾の製造に成功した、中学校の理科教師・城戸誠の物語。

<感想>
80年代前半に夢中になって観た記憶あり。ただし、内容についての記憶なし。といった状況で懐かしく再会。
和製アクション映画特有のデタラメに目をつぶれば、かなり楽しめる作品であることを再認識した。


原爆を製造したという一点を除けば、主人公はごく普通の中学教師である。この社会に適応して生きている。そんな男が最終兵器を手にした。これでどんな要求だって通るぞ。よし、みんなのためになることをしよう! でも、みんなのためになることって何だ?

主人公の気分を通して、共通の目標(あるいは、その時代の敵)を失ってしまった豊かな国・ニッポンが描かれている(ような気がした)。
[PR]
by beertoma | 2005-06-24 05:12 | 映画

「ブレイブ」

ブレイブ
/ ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
ISBN : B00005LMCO

ブレイブ (1997)
THE BRAVE
監督:ジョニー・デップ
原作:グレゴリー・マクドナルド
脚本:ポール・マッカドン、ジョニー・デップ、D・P・デップ
出演:ジョニー・デップ、マーロン・ブランド、エルピディア・カリーロ、マーシャル・ベル、フレデリック・フォレスト

<ストーリー紹介>
貧しい生活をしているネイティヴ・アメリカンの男が、家族に金を残すためにスナッフ・ムービーへの出演を決める。
彼の最後の7日間を描いた作品。


<感想>
扱っているテーマが重いわりには淡白であった。もっと重苦しい雰囲気の、心にズシンと来る作品を予想していたが、取り立てて大きな事件が起こるわけでもなく、アッサリと終わってしまった。
ひょっとして、これでズシンと来ない感受性に問題があるのかもしれない。

こういうテーマをジョニー・デップが撮れば、こんなものなのかな、という作品。
[PR]
by beertoma | 2005-06-24 04:59 | 映画

カエターノ・ヴェローゾ 「プレンダ・ミーニャ」

Prenda Minha
Caetano Veloso / Verve

長らくスクデット(シーズン優勝)から遠ざかっていたフィオレンティーナが、久しぶりに優勝争いに参加したのは'97-'98シーズンのことでした。バティストゥータ(アルゼンチン)、エヂムンド(ブラジル)、ルイ・コスタ(ポルトガル)、ハインリヒ(ドイツ)、レプカ(チェコ)といった、有能な外国人選手を揃え、シーズン序盤から勝ち点を着実に積み重ねていきました。フィレンツェの町は連日の大騒ぎです。
ところが、シーズン終盤の、スクデット獲得まであと少しというところで、一つの事件が起こりました。中心選手の一人であるエヂムンドがチームを離れることになったのです。
その理由というのが・・・。

「リオのカーニバルがあるから」

現在の阪神タイガースに例えれば、今岡が「天神祭りを見たいさかいに、遠征には参加しませんわ」と言い出すようなもの。桧山と片岡と杉山の京都出身トリオが「祇園さんのコンコンチキチン、聞きたいですよってに、今日は試合前の練習だけで失礼させてもらいます。へえ、おおきに」と言うようなものです。

当然のごとくまわりは猛反対しました。ですが、この件は契約にも織りこみ済みということで、強制的に止める手立てはありません。相手は唯我独尊のエヂムンド氏です。あっさりと機上の人となったのは言うまでもありません。
(彼のせいばかりではありませんが、フィオレンティーナは優勝争いから脱落してしまいました)

エヂムンドは自分勝手すぎる。誰もがそう言い、私もそう思いました。眉もひそめました。


ところが、ある曲をを聴いたとき、その考え方が変わったのです。
カエターノ・ヴェローゾ「プレンダ・ミーニャ」に収録されている『マンゲイラを追わないのは死んだ者だけ』(アトラス・ダ・ヴェルヂ・イ・ホーザ・ソー・ナォン・ヴァイ・ケン・ジャ・モヘウ Atras de Verde-E-Rosa So Nao Vai Quem Ja Morreu)です。このサンバのリズムとメロディよ! ブラジル人の血が流れていない私の遺伝子さえ、刺激されます。エヂムンドの心がわかるのです。「今すぐリオに行かなくっちゃ」という気持ちになってしまいます。気がつけば旅行代理店のカウンターの前に立っていたことも、2度ほどありました。

リオのカーニバルとはこれなんだ。ごめんねエヂ。
誰しもそう懺悔してしまうような、そんな名曲です。


このアルバムは”LIVRO”ツアーのライヴです。例によって”LIVRO”の曲はほとんど収録されていませんが、他にも名曲がテンコモリです。名曲しか収録されていないといっても過言ではありません。
[PR]
by beertoma | 2005-06-22 00:24 | 音楽(その他)

「狼たちの午後」

狼たちの午後
/ ワーナー・ホーム・ビデオ
ISBN : B00005HC5P

狼たちの午後 (1975)
DOG DAY AFTERNOON
監督:シドニー・ルメット
原作:P・F・クルージ、トマス・ムーア
脚本:フランク・ピアソン
出演:アル・パチーノ、ジョン・カザール、チャールズ・ダーニング、ジェームズ・ブロデリック、クリス・サランドン

<ストーリー紹介>
金に困った男3人が銀行強盗をする。
ところが入った先はショボい銀行で、金庫に現金がほとんどない。われ、金っちゅうもんは銀行にとって商品とちゃうんか? あぁん? 置いてないってどういうことやねんコラ!と怒っていたところ、警察も駆けつけてきた。彼らは行員を人質に取り篭城する。

<感想>
実話を元に制作した作品。

実話を元に制作した作品は、見るのが難しい。フィクションだと素直に感情移入できるのに、どこか身構えてしまう。
違いがどこにあるのか、いろいろと考えてみたがよくわからない。思いついたのは、登場人物が死んだときの衝撃が異なる、ということくらいである。(当たり前ですが、実話元制作作品のほうが死の衝撃が大きい)


公開時に見ていればすごく面白かったんだろうな、と思わせる作品だった。
[PR]
by beertoma | 2005-06-18 05:30 | 映画

「戦場のピアニスト」

戦場のピアニスト
/ アミューズソフトエンタテインメント
ISBN : B0000896HN

戦場のピアニスト (2002)
THE PIANIST
監督:ロマン・ポランスキー
原作:ウワディスワフ・シュピルマン
脚本:ロナルド・ハーウッド、ロマン・ポランスキー
出演:エイドリアン・ブロディ、トーマス・クレッチマン、エミリア・フォックス、ミハウ・ジェブロフスキー

<ストーリー紹介>
芸は身を助ける、というありがたいお話。
あるいは、鍵盤から手を浮かせたままピアノを弾くことができるピアニストの話。

<感想>
かつて何かで読むか聞くかした話ですが、ある主婦がこんなことを言っていました。

「たまの休みにさ、ダンナが料理を作ってくれるわけ。それはいいのよ。もちろん、ありがたいわよ。・・・でもね、子供たちがさ、「ママンの料理よりおいしー」って言うのよ。「毎日パパがごはん作れば」って。何度もよ。ねえ。どう思う? むかつくでしょ? くやしいったらないわよ。そりゃダンナの作る料理はおいしいわよ。それは私も認める。ただ、わかってほしいのは、ウチの人の料理には時間とお金がかかってるっていうことなの。高価な食材をいっぱい買ってきてじっくり作れば、誰にだっておいしいものができるわよ。あたしたち主婦はさ、お金も時間も限られた中でやりくりしてるのよ。贅沢料理と比べられたくないわよ」

「戦場のピアニスト」はダンナ様の作る贅沢料理のような映画ではないでしょうか。ナチス占領下のワルシャワを逃げまどうユダヤ人ピアニスト。誰も逆らうことができない題材を、お金をふんだんに使ったセットで撮れば、そりゃあ、心に迫る作品ができるというものです。
「レアルマドリッドが強いのは当たり前」なのと同じことです。(強くないときも多々あるようですが)(読売巨人軍の例を出そうかとも思ったのですが、現状では不適切な表現となってしまいますので割愛させていただきました)


「お金をかけて作らないと伝えられないこと」もあるとは思いますが、そして、映画の中にはそういう作品も存在すべきだとは思いますが、私が映画に求めているものとは少し違うような気がしました。
(いわゆる”大作”がイヤなのではなく、大作にするなら徹底的に娯楽に徹して欲しいだけなのかもしれません)
[PR]
by beertoma | 2005-06-15 05:52 | 映画