<   2005年 11月 ( 36 )   > この月の画像一覧

『父が来た道』

月曜ミステリー劇場
特別企画・高村薫ドラマスペシャル 『父が来た道』
密室ですべてを聞く代議士の運転手 … 謎の女と消えたワイロ!! 復讐に燃える運転手の決断は!?

11/28(月) 21:00 -- 22:54  毎日放送

製作: オセロット、TBS
プロデューサー: 赤司学文、石川好弘
監督: 出目昌伸
脚本: 鎌田敏夫
原作: 高村薫 「地を這う虫」(文芸春秋刊)

戸田慎一郎 (阿部寛) … 政界の大物・佐多幸吉の運転手
磯野清子 (余貴美子) … おでん屋の女将 戸田慎一郎の恋人 めっさ艶っぽい
佐多幸吉 (神山繁) … 政府与党の最高実力者
佐多香織 (冨士眞奈美) … 佐多の妻
服部千秋 (渡辺えり子) … 佐多の第一秘書 佐多との間に何やらありそう
有吉正則 (前田吟) … 政治家 佐多の子分的存在だったが、裏切って総裁選への出馬を表明
久保田 (久保酎吉) … 有吉の秘書
戸田信雄 (内藤武敏) … 慎一郎の父
久瀬 (立川三貴) … 公安の刑事
勝又 (掛田誠) …


<ストーリー紹介>
ONTV JAPAN の紹介文より。

元刑事の男が、父親の恨みを晴らすため、政界の闇に迫るサスペンス。
警視庁の刑事だった慎一郎(阿部寛)は、父が選挙違反にかかわる無実の罪を着せられたことで職を失った。そんな彼に、父が後援会長をしていた政界の実力者・佐多(神山繁)から運転手にならないかと誘いが来る。父と自分を破滅させた佐多からの誘いをなぜか慎一郎は引き受ける。
黙々と仕事をこなしていた彼にある日、公安の刑事・久瀬(立川三貴)が接触してきた。佐多の政治生命を葬るため、裏金に絡む情報提供で協力しろという。一方、慎一郎は中国政府の高官に渡すはずだった大金の入ったゴルフバッグの回収を佐多から依頼される。

<感想>
・起伏の乏しいドラマだった。小説だと、ちょっとした事件でも書きようによって、いくらでも読者の関心を引っぱることができるが、テレビのミステリー劇場にこのストーリーは、地味すぎるように思う。(このトーンを楽しめない私が幼いのかもしれませんが)

・テレビドラマ的なスピードを出すために、原作を少し離れて、事件を一つ二つ付け加えるとか、原作にない人物を登場させるとかしてもいいのではないか。(いいわけないでしょうけど)
原作を読んでいないので、どこまで忠実に脚本化したのかはわかりませんが。

・モノローグを多用していたが、大きな謎がなくサスペンスに乏しいため、どうしても閉塞感がつきまとっていた。

・移動する車の中のシーンがスタジオ撮影だったのが不満。(安っぽく感じた。もっとうまく騙して欲しい)

・ティンパニー(?)をドンドン叩いて政界の重々しさを表わそうとしたり、ミュートトランペットでハードボイルド感を煽るのはいいんだけど、音楽を付けすぎていたように感じた。
[PR]
by beertoma | 2005-11-29 05:58 | テレビドラマ

ジャパンカップ反省

久しぶりにジャパンカップらしいレースを見せてもらったような気がします。強い外国の馬がいてこそ、我々の島国根性の被害妄想が刺激されるというものです。国際招待レースはこうでなくっちゃ。


ハーツクライが右へ左へと車線変更しながら伸びてくるさまが、いつだったかのオールカマーでのラケットボールのようで、いや、そんな昔の話を持ち出さなくとも、昨秋の菊花賞でのホオキパウエーブのようで、これぞ競馬という美しさに満ちていました。あまりに競馬的なゴール前に呼吸が止まりそうでした。


結局、馬券は買いませんでした。アルカセットを軸にするかロブロイを軸にするかで散々迷い、相手をどう絞るかでこれまた散々迷い、よし、ここは原点に返って、ロブロイからウォーサン以外の外国馬5頭に流そうと、いったんは決意したものの、いや待てよ、外国馬同志の決着もありうるぞ、そっちのみーずはあーまいぞ、そんな声も聞こえてきまして、それならBOXか、でも点数が多すぎやしないか、などと悩んでいるうちに、脳のブレーカーが落ちて買う気をなくてしまいました。
結果的にはこれがラッキーでした。ハーツクライは買わない方向で話が進んでいましたので、当たったとしても、ガミもガミたり、になっていたと思います。

私としましては、予想で本命にしたアルカセットが勝ったことと、ロブロイが三着に沈んだこと、この二点で充分でございます。

不覚だったのは、ハーツの二着もそうなんですが、それよりも、リンカーンが四着にきたことです。今更ながらですが、能力の高い馬なんだと思い知らされました。
ただ、何となくですが、幸の薄い馬であるような気もします。こういうタイプの馬は天皇賞やジャパンカップといった本格的なG1には縁がなく、宝塚記念あたりを勝つのではないでしょうか。 


<ステイヤーズS>
今週土曜日(12月3日)に中山競馬場で行なわれるステイヤーズSの特別登録馬が発表されました。
ここまでメンバーが揃うなら、そして、あそこまで凡走するのなら、スズカマンボやビッグゴールドにはこちらに回ってほしかったです。

サクラセンチュリー
イングランディーレ
ヤマニンアラバスタ
ホオキパウェーブ
シェイクマイハート
デルタブルース
ブリットレーン
ゴーウィズウィンド
マイネルホライズン
ハイフレンドトライ
ダイタクアルビン
ホウザングラマー
フィヨルドクルーズ
ラヴァリージェニオ
エルノヴァ
[PR]
by beertoma | 2005-11-29 05:52 | 競馬

ジャパンカップ予想

今年は外国馬がこわい。
馬単でロブロイを2着に固定して外国馬から流せば当たるような気もします。

01 マイソールサウンド  いくらクセ者といっても、ここでは力不足でしょう。
02 タップダンスシチー  タップは本当に終わってしまったのか。これまで速いペースで逃げていたのに、前走の天皇賞では自分からペースを落としたというのが、どうも気にかかりますが、かといって無視するわけにはいかないでしょう。タップを切るくらいならリンカーンを切ります。
03 ウォーサン  外国馬。去年に続き二度目の出走。20馬身差の12着だったのをどこまで挽回できるか。でも、3着以内は考えられません。
04 アドマイヤジャパン  たしかに菊花賞では見事なレース運びでしたが、古馬の一線級と勝ち負けまでは無理でしょう。鞍上が横山典弘だというのが気になりますが。
05 リンカーン  たしかに天皇賞ではスローペースに泣かされましたが、敗因はそれだけではないような気がします。東京コースに向いていないんでしょう。
06 ウィジャボード  外国馬。いつだったかのJCで、単勝1倍台の圧倒的な一番人気だったメジロマックイーンを、並ぶ間もなく交わしていったゴールデンフェザントとマジックナイトの姿が忘れられません。この馬がマジックナイト(同じ牝馬だった)のような存在になるのでは。
07 ベタートークナウ  外国馬。いつだったかのJCで、タマモクロスとオグリキャップの外を、並ぶ間もなく交わしていったペイザバトラーの姿が忘れられません。ペイザバトラーとゴールデンフェザントのおかげで、アメリカの馬を軽視することができなくなってしまいました。
08 ゼンノロブロイ  軸にするならこの馬なんでしょうか。いやだなあ。
09 ストーミーカフェ  4コーナーまでは先頭でしょうけど、直線に入ってずぅーっと粘ったままだとは思えない。
10 ヘヴンリーロマンス  前走に引き続き、調子いいらしいじゃないですか。でも、あのときのようなヨーイドンの競馬にはならないでしょうから、やっぱり軽視させていただきます。
11 コスモバルク  昨年ルメールで2着。今年はデムーロ。うまく折り合えばこわい。
12 バゴ  外国馬。ジャパンカップでは評判の外国馬は凡走することが多いですが、今年は違うような気がします。凱旋門賞馬なんて、例年なら真っ先に切るのですが、今年は押さえます。
13 サンライズペガサス  2400mのG1ではしんどいでしょう。
14 アルカセット  外国馬。デットーリが選んだ馬です。怖いです。ロブロイとこの馬の馬連一点だけでいいような気もしてます。
15 キングスドラマ  外国馬。アメリカの馬なので軽視いたしません。ちなみに、JCDでは馬名に「キング」の入った馬が2、3着に来てました。
16 ハーツクライ  調教では抜群だったらしく、えらい人気になってます。生きるも死ぬもペース次第でしょう。迷います。
17 スズカマンボ  ロブロイに先着する可能性のある日本馬といえばこの馬でしょう。厳しい流れのレースにも強いはず。
18 ビッグゴールド  東京の2400では逃げ粘れないでしょう。


いちおうの印はこんな風になりました。

◎ アルカセット
○ ゼンノロブロイ
▲ ウィジャボード
△ キングスドラマ
△ ベタートークナウ
△ バゴ
△ スズカマンボ
△ タップダンスシチー
△ コスモバルク


◎ から馬連とワイドで流します。
ただし、
・アルカセットとゼンノロブロイの評価を入れ替えるかもしれません。
・4番手以下(△)の馬を何頭か削るかもしれません。
・ケンするかもしれません。
[PR]
by beertoma | 2005-11-27 06:35 | 競馬

JCダート・京阪杯反省

<京阪杯>
軸をカンパニーに変更したのは正解でしたが、アサカディフィートが2着に来るとは思ってもみませなんだ。
カンパニー - マイネルレコルトのワイドが的中しましたが、配当は、ガミもガミたり、320円でした。

<ジャパンカップ ダート>
軸をカネヒキリに変更したのは正解でしたが、シーキングザダイヤが2着に来るとは思ってもみませなんだ。おまけに、スターキングマンが3着になるとは。

直線での叩きあいは見応えがありました。これぞG1というゴール前でした。(オグリキャップ、イナリワン、メジロアルダンの毎日王冠を思い出しました)

それにしても気の毒なのは横山典弘。またまたのG1レース2着です。田中勝春とは別の意味で呪われているとしか思えません。
逃げて粘っても2着(菊花賞のアドマイヤジャパン)、中団から力強く抜け出しても2着(天皇賞のゼンノロブロイ)、後方から一気に追い込んでも2着(宝塚記念のハーツクライ)、歴史に残るような壮絶なデッドヒートをしても2着(今回のシーキングザダイヤ)。
告白しますと、写真判定の結果が出たときには爆笑してしまいました。横山典弘には申し訳ないですけど、この爆笑で元はとったかなという気もします。
[PR]
by beertoma | 2005-11-27 06:29 | 競馬

JCダート・京阪杯予想

<京阪杯>
去年と同じく悩ましい(=予想が楽しい)メンバーとなりました。

◎ ケイアイガード
○ カンパニー
▲ グレイトジャーニー
△ マイネルレコルト
△ スズノマーチ


ケイアイガードとカンパニーのどちらを本命にするか迷ったのですが、ケイアイガードが先行してスローペースを粘りきるのではないか、と考えたため、上記の予想となりました。

ケイアイから他の4頭へ馬連とワイドで。
(状況や気分によっては、カンパニーを軸に変更するかもしれません)



<ジャパンカップ ダート>
よくわかりません。ハイアーゲームがまとめて負かしてくれることを期待します。
このメンバーだと既にベテランになってしまうタイムパラドックス、サカラート、ユートピアは消します。

◎ ハイアーゲーム
○ カネヒキリ
▲ サンライズバッカス
△ ジンクライシス
△ タップデイ
△ アジュディミツオー

ハイアーから他の5頭へ馬連とワイドで。
(状況や気分によっては、サンライズバッカスを軸に変更するかもしれません)
[PR]
by beertoma | 2005-11-26 06:12 | 競馬

「恋の骨折り損」

恋の骨折り損
/ PI,ASM
ISBN : B00005QYN8

恋の骨折り損 (1999)
LOVE'S LABOUR'S LOST
監督・脚色:ケネス・ブラナー
原作:ウィリアム・シェイクスピア
撮影:アレックス・トムソン
音楽:パトリック・ドイル
出演:ケネス・ブラナー、アレッサンドロ・ニヴォラ、ナターシャ・マケルホーン、アリシア・シルヴァーストーン、マシュー・リラード、エイドリアン・レスター

<ストーリー紹介>
allcinema ONLINE 映画データベース 内の 映画 「 恋の骨折り損 」の詳細情報 より

 ナヴァールの若き国王と彼の学友3人は3年間の学業専念の間、3つの公約を宣言。理想に燃える国王が公約したその誓いとは“週に1度断食をすること”、“1晩に3時間しか眠らないこと”そして“女性と会わないこと”というものだった。そんな折、フランスの王女が3人のお付きの美女を伴い国王の代理でナヴァール国王の許へ! 男性陣4人は誓いを守るべく無駄な抵抗をするのだが……。

<感想>
シェークスピアの喜劇をベースにガーシュインやコール・ポーターのナンバーを散りばめて作った、オーソドックスなミュージカル。

短いシーンですが、大量の美女がプールで泳ぎ踊るという、バズビー・バークレー風の演出(と妖しげなコーラス)もあり、ニヤリとさせられました。

ストーリーが平凡なので( ← みんながよってたかってシェイクの真似をしたから)、「感情移入してやろう、のめり込んでやろう」などと考えなければ、大いに楽しめる作品だと思います。
先に戯曲を読んで、話の内容を知ってから見るほうがいいのかもしれません。(オペラのように)
[PR]
by beertoma | 2005-11-26 06:10 | 映画

相棒 Season IV 第7話 「波紋」

相棒 「波紋」
11/23(水) 21:00 -- 21:54  ABCテレビ
監督: 森本浩史
脚本: 入江信吾
出演: 水谷豊 寺脇康文 鈴木砂羽 高樹沙耶

池田俊太郎 (中村友也) … 心理学専攻の大学生 自分では優秀なつもり ← この男が「600万円を拾いました」と交番に届けたところから波紋が広がり、人が二人死ぬことになった
下薗司 (音尾琢真) … 交番勤務の警官 亀山と一緒に仕事をしたことがある 600万円を拾得物として受理 競馬が大好き
梶多恵子 (絵沢萌子) … 交番の近くに住む老婦人 下薗巡査と親しい 競馬が大好き
古谷稔(犬養淳治) … 麻薬の売人 売上の金を盗まれてしまったので慌てている
新井山宗次(能見達也) … サラリーマン 無遅刻無欠勤男 古谷稔の隣の部屋に住む

<ストーリー紹介>
ONTV JAPAN の紹介文より。

大学生の池田(中村友也)が、郵便受けに 600万円が投げ込まれたと届け出た。週刊誌の記事で身元が明かされた池田は、自分の金だと主張する麻薬の売人・古谷(犬飼淳治)から暴行を受けて入院。翌朝、古谷は死体で見つかる。右京(水谷豊)と亀山(寺脇康文)は、600万円に帯封があったことに着目。古谷が主張していた麻薬絡みの金ではないと考える。


<感想>
・600万円は「売人 → 隣人 → 学生 → 巡査」と移動した、と思わせておいて、実は・・・、という洒落た展開。
・話が時間内にビッチリと詰まっていて、満足のいく一品だった。ストーリーに無駄がないので濃厚。

・池の波紋をとらえた映像があったが、このストーリーを象徴するカットなんだから、もう少し丁寧な絵にしてほしかった。
(お金をかけずに、ハプニングを待って撮った絵のように見えた)
[PR]
by beertoma | 2005-11-24 05:43 | テレビドラマ

ライフログ その1

EXCITEの説明によれば、ライフログとは
「書籍、CD、DVDなど文化的な人生のログとして残せる機能」
ということらしいです。
私の独断で、1回だけでなく複数回鑑賞したもの、ということにさせていただきます。

毎度毎度、右下に出るのもアレなんで、でも完全に消してしまうのもアレなんで、エントリーとして処理することにしました。
(現在はライフログを表示しています 2010.07.05)

____________
     書  物
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ミステリオーソ
原 尞 / 早川書房

感想は こちら



定本 映画術―ヒッチコック・トリュフォー
フランソワ トリュフォー 山田 宏一 蓮實 重彦 / 晶文社

ヒッチコックの映画を見るたびに該当箇所を読み直しています。



プロ編集者による文章上達秘伝スクール
村松 恒平 / メタブレーン

書くことについての質疑応答集。
感想は こちら



寝ながら学べる構造主義
内田 樹 / 文芸春秋

こういう本を書くことのできる頭脳に憧れます。



心臓を貫かれて
マイケル ギルモア Mikal Gilmore 村上 春樹 / 文芸春秋

暗い話なんだけれど惹きつけられます。



書いては書き直し - ニール・サイモン自伝
ニール サイモン Neil Simon 酒井 洋子 / 早川書房

喜劇作家の自伝だけあって、いい具合にユーモアが散りばめられています。



ガープの世界〈上〉
筒井 正明 ジョン アーヴィング / 新潮社

もちろん下巻も併せてライフログ!です。
あまりに面白かったので、読み終わった直後にもう一度最初から読み直しました。
(2010.7.5 追記 でも、少し前パラパラと読み直してみたら、そんなに絶賛するほど面白くないかもしれない、という気もしました。判定は保留中です)




____________
     音  楽
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

Prenda Minha
Caetano Veloso / Verve

感想は こちら



____________
     映  画
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
サミュエル・フラー DVD-BOX
/ 紀伊國屋書店





マリリン・モンロー・ダイヤモンド・アルバム
/ 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン




[PR]
by beertoma | 2005-11-24 05:36 | その他

「リンカーン」 #6

リンカーン 
11/22(火) 22:00 -- 22:54  毎日放送
司会: ダウンタウン
レギュラー出演者: さまぁ~ず、雨上がり決死隊、キャイ~ン、山口智充
ゲスト: ビビる大木 だいたひかる おぎやはぎ 土田晃之 中川家 フットボールアワー FUJIWARA ほっしゃん。 森三中 モンキッキー

<フレンドリーダウンタウン>
ゲストはビビる大木。
岩尾編とまではいかなかったが、それでもかなり面白かった。
スポーツジムでトレーニングに夢中になっている浜田を、松本が「浜田の顔見てみ。創始者のような顔してるで」と言ったのと、大木の「100万円持ってきたら友達になってくれる?」に爆笑。

岩尾編ほど面白くならなかった原因は、ビビる大木のビビりすぎ。人の良さが裏目に出た感じ。岩尾のようにキレるか拗ねるかすればもっと面白かったのではないか。(彼のキャラクターに合わないのかもしれませんが)

<ネタの影武者 勝手にベスト10>
だいたひかるのネタを考えるというもの。
私にとっては、「どうでもいいシリーズ」自体が爆笑とまではいかないものなので、面白さもそれなりだった。だいたひかるの辛口コメントをもっと聞きたかった。

注目の宮迫は最下位をまぬがれる。安心する姿が笑えた。
これで充分な休養となっただろうから、次回はまた最下位を狙ってほしい。
[PR]
by beertoma | 2005-11-23 06:00 | テレビドラマ

『ハラハラ刑事 ~ 危険な二人の犯罪捜査~ 2』

土曜ワイド劇場
『ハラハラ刑事 ~ 危険な二人の犯罪捜査~ 2』
狙われた美人妻と不良娘! 連続殺人に秘められた悲劇の十年愛!!

11/19(土) 21:00 -- 22:51  ABCテレビ

制作: ABC、国際放映
プロデューサー: 深沢義啓(ABC)、浦井孝行(国際放映)、櫻井美恵子(国際放映)
監督: 和泉聖治
脚本: 深沢正樹

大河原賢作 (大杉漣) … 築地北署 警部補
原島俊一郎 (高橋克典) … 築地北署 巡査部長
広松信治 (田山涼成) … 二人の上司
大河原美佐子 (あいはら友子) … 大河原の妻
大河原仁恵 (遠山景織子) … 大河原の娘 原島俊一郎にホの字
藤村博久 (神保悟志) … 築地北署 署長

金村孝一 (斉藤洋介) … 10年前の強盗殺人事件の犯人(勤務していた建設会社の社長を殺害して金庫の金を奪った) 刑期を終えて出所してきたばかり
金村紀子 (キムラ緑子) … 金村の妻 夫の服役で生活が一変してしまったので夫を深く恨んでいる
金村真奈美 (村井美樹) … 金村の娘 父の服役が原因でグレてしまって家出、今は悪い仲間とつるんでいる
武藤文敏 (つまみ枝豆) … 金村の元同僚 いまは弁当屋を営んでいる 金村の妻とねんごろ
中丸隆弘 (中丸新将) … 金村の元同僚 建設会社がつぶれたので自分で会社を興し、今は社長の身分
井川輝美 (大竹一重) … 金村の元同僚 当時は社長秘書だった 現在は中丸の会社の役員
川上義明 (徳井優) … あこぎな金貸し


<ストーリー紹介>
10年前の事件の関係者が次々と殺されていく物語。

<感想>
シリーズの二作目(らしい)。一作目は見ていません。その上での感想です。

・主人公二人のキャラクターが、魅力に乏しいように思う。演じる俳優本人の魅力に頼りすぎではないか。脚本でサポートしてほしかった。

・おそらくある程度のハッピーエンドにはするだろうから、この人は殺さないだろうと思っていたら、中盤であっさりと殺されてしまった。ハッピーエンドを犠牲にしてまでも意外な展開を選んだことに拍手。

・金村真奈美の存在がいいアクセントになっていた。刑事二人が暴走気味に事件を追及していくストーリーの中で、感情移入できる存在だった。
村井美樹の演技もよかった。刑事にたいして攻撃的に食ってかかっていたのが、父のことを知らされた途端、素直な部分を見せはじめる、というシーンがあったが、この部分がとくに素晴らしかった。まだ完全には消えていない怒りの炎と彼女本来の素直さが共存しているところを、眼球を中心とする半径3cmくらいの範囲で、見事に表現していた。
[PR]
by beertoma | 2005-11-23 05:56 | テレビドラマ