<   2011年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

雑感

・デムーロやスミヨンといった外国人ジョッキーが活躍しているが、たしかに彼らは馬の能力を最大限に引き出すことに長けているように思う。別の言い方をすれば相性がいい。
文章にも同じようなことが言えるのではないかとふと思った。読者として誰を想定するかによってその面白さも変わってくるのではないか。
もし私の書く文章に少しでも面白さがあるとすれば、それはその想定している読者が私からそのパフォーマンスを引き出しているといえる(のかもしれません)。

・もし、あなたがグレース・ケリーの大ファンだとする。彼女の映画にエキストラとして出てみないかと言われれば喜んで出るだろう。他の女優のガッツリとした相手役よりもエキストラのほうを選びはしないだろうか。ファン心理というのはそういうものだと思う。
[PR]
by beertoma | 2011-01-20 22:40 | その他

喪主の挨拶

探していた父の原稿が出てきた。といってもそんな大げさなものではなく、祖母の葬儀のときの喪主挨拶の原稿。父の葬儀のときに利用しようと大事にしまい込みすぎて、肝心の時には間に合わなくなってしまったもの。(
本の間に挟んでいただけですが)
長ったらしい変な文章もありますが、まあ、こんなものなんでしょう。
(また紛失しそうなのでデジタル化してここに保存させていただきます)

遺族を代表しまして ひと言 ご挨拶を申し上げます。
本日は皆様方にはご多用中にもかかわりませずご会葬ご焼香を賜り、おかげをもちまして葬儀・告別式もとどこおりなく相すませましてこれより出棺の運びとなりました。
故人は明治に生をうけました大方の日本人と同じくその生涯は曲折に満ち、一人の子を戦争で失いましたが、残りの四人の子を見守りながら87才の天寿を全うすることができましたのは、ひとえに皆々様方のご厚誼による所でございます上に今ここに最後のお見送りをいただきまして さぞかし故人も皆様方のご厚情に感謝していることと存じます。
残された者といたしましては心淋しさは否めませんが、旅立つ先が心から頼りにしていた亡き父や亡き長男さらに多くの人々に再会できる所であると考えることの出来るのがせめてものなぐさめでございます。
生前中に母に賜りましたご指導ご厚誼を私共残された者にも賜りますようお願い申し上げて簡単なご挨拶とさせていただきます。


「ご厚誼」が読めず、検索してやっと「ごこうぎ」読むとわかりました。
[PR]
by beertoma | 2011-01-20 21:50 | その他