ライフログ <映画> (1)

映 画 (1)


肉体の冠 Casque d'or (1951)
ジャック・ベッケル



穴 Le Trou (1960)
ジャック・ベッケル



日曜日が待ち遠しい! Vivement dimanche!(1983)
フランソワ・トリュフォー



白熱 White Heat (1949)
ラオール・ウォルシュ



戦場を駆ける男 Desperate Journey (1942)
ラオール・ウォルシュ



脅迫者 The Enforcer (1951)
ブレティン・ウィンダスト、ラオール・ウォルシュ



いちごブロンド The Strawberry Blonde (1941)
ラオール・ウォルシュ



彼奴は顔役だ! The Roaring Twenties (1939)
ラオール・ウォルシュ



ハイ・シェラ High Sierra (1941)
ラオール・ウォルシュ



拾った女 Pickup on South Street (1953)
サミュエル・フラー



裸のキッス The Naked Kiss (1964)
サミュエル・フラー



東京暗黒街・竹の家 House of Bamboo (1955)
サミュエル・フラー



暗黒街の女 Party Girl (1958)
ニコラス・レイ



五本の指 5 Fingers (1952)
ジョセフ・L・マンキーウィッツ



キッスで殺せ Kiss Me Deadly (1955)
ロバート・アルドリッチ



海外特派員 Foreign Correspondent (1940)
アルフレッド・ヒッチコック



北北西に進路を取れ North by Northwest (1959)
アルフレッド・ヒッチコック



お熱いのがお好き Some Like It Hot (1959)
ビリー・ワイルダー



深夜の告白 Double Indemnity (1944)
ビリー・ワイルダー



生きるべきか死ぬべきか To Be or Not to Be (1942)
エルンスト・ルビッチ

[PR]
# by beertoma | 2010-07-22 01:10 | 映画

Basia - Copernicus - live in Warsaw 1994



Dodo Gad(Dodo and the Dodo'sのボーカル)が誰かに似ていると思ったら Basia でした。(バーシアは元マット・ビアンコのボーカル。本名:バーバラ・スタニセワ・チェチェレフスカ(Barbara Trzetrzelewska) Wikipediaの情報)

でも動画を見ていたら全然似てませんでした。

「バーシア・オン・ブロードウェイ」の1曲目がこの曲 "Copernicus" でした。繰り返し聞いたアルバムです。
これは彼女の出身地であるポーランドでのライブらしいです。
井戸端会議のように端っこで吹かされているホーンセクションの扱いがあんまりだと思いました。
[PR]
# by beertoma | 2010-07-13 00:57 | 音楽(その他)

Dodo and the Dodo's - Vågner i natten



ワールドカップで日本はデンマークを破ってベスト16進出を決めました。

デンマークといえば避けて通ることができないのがこの曲です。ドド・アンド・ザ・ドドスの「ヴォウノ・イ・ナトゥン」。デンマークでは1987年くらいに大ヒットしたらしいのですが、世界的なヒットにはつながらなかったようです。

私はコペンハーゲンに行った知人からCDを借してもらい、すぐにハマりました。ものすごくいい曲だと思うのですが……。スターシップとかシンディ・ローパーあたりが歌ってれば日本でも売れていたでしょうに。

ちなみに Dodo and the Dodo's は現役のようです。この曲の音のいいバージョン(静止画)はこちら。95年のライヴバージョンはこちら



歌詞を見つけたので貼付けておきます。デンマーク語を勉強していた知人によれば、見慣れない文字は
å -- エーマル
æ -- 合体
ø -- 串刺し
と呼んでいるそうです。



Dodo and the Dodo's - Vågner i natten

Ligger du alene nu
Det håber jeg du gør
Drømmer et par drømme jeg ka' li'

Glemmer jeg dig aldrig me'r
Glemmer du mon mig
Var det fra de tider hvor alt blev helt forbi

Du sidder på min sengekant
Du sidder i min krop
Mærker at du banker banker i mit blod
Mon du har det li'som mig

Vågner i natten
Vågner af en drøm
Savner dig at snakke med
Dig og holde om
Det har regnet på mit vindue
Dryppet på min kind
Uuhh jeg ville gøre alt
Om igen og om og om igen

Gav mig al din kærlighed
Gav mig dine håb
Længsler der var inde i din krop

Du kom altid hjem til mig
Når du havde lyst
Stilled' du mon sulten mens jeg fik slukket tørst
Mon du har det li'som mig

Vågner i natten
Vågner af en drøm
Savner dig at snakke med
Dig og holde om
Det har regnet på mit vindue
Dryppet på min kind
Uuhh jeg ville gøre alt
Om igen og om og om igen

Hold mig til regnen holder op
Du ved
Det bedste her i verden sker med dig
Og kun dig

Finder jeg dig aldrig me'r
Finder du mon mig
Længes efter tider for tiden gik med dig
Mon du har det li'som mig

Vågner i natten
Vågner af en drøm
Savner dig at snakke med
Dig og holde om
Det har regnet på mit vindue
Dryppet på min kind
Uuhh jeg ville gøre alt
Om igen og om og om igen

Vågner i natten
Vågner af en drøm
Savner dig at snakke med
Dig og holde om
Det har regnet på mit vindue
Dryppet på min kind
Uuhh jeg ville gøre alt
Om igen og om og om igen
[PR]
# by beertoma | 2010-07-12 01:22 | 音楽(その他)

Quiet Riot - Cum On Feel The Noize



凄く好きで何度も何度も聴いていたのを思い出したので。

クワイエット・ライオットの1983年のヒット曲。安易な発想で中途半端な造りのビデオクリップがたまりません。グラムロックのスレイド(Slade)というバンドが1973年にヒットさせた曲のカバー。

日本でたいへん愛された曲で、来日公演ではこの演奏のときだけ観客が異常に盛り上がってメンバーが驚いたという話を当時雑誌で読んだ記憶があります。
[PR]
# by beertoma | 2010-07-11 01:01 | 音楽(その他)

Tommy Flanagan Trio - Star Crossed Lovers / Jump For Joy



Tommy Flanagan Trio の "Montreux 77" は愛聴盤の一つです。その中でも一番気に入っているのがこの "Star Crossed Lovers" から "Jump For Joy" へのメドレー。まさか映像が存在しているとは思いませんでした。

たしか、村上春樹の『国境の東、太陽の西』にジャズピアニストが "Star Crossed Lovers" を演奏するシーンが出てきたと記憶しています。この演奏を思い浮かべて書いたのではないでしょうか。

"Jump For Joy" は Ivy Anderson がエリントン・オーケストラをバックに歌うバージョンも、もちろん素晴らしいです。
[PR]
# by beertoma | 2010-07-10 00:37 | 音楽(JAZZ)