パ・プレーオフ第2ステージ 第4戦

投手戦というのか貧打線というのか、阪神×横浜戦のような試合でした。
ロッテは、昨日の敗戦が応えたのか、攻撃がぎこちなくなっていましたし、ソフトバンクのほうも、相変わらず松中にヒットが出ず、ズレ岡誠のホームランでしか点が取れませんでした。両チームともこんなに打てないのだったら、日本シリーズは阪神の4連勝であっさり終わるような気さえしてきます。
というのはもちろん冗談で、短期決戦になるとこういう展開になるのでしょう。一昨年のタイガースだって一点を取るのに汲々としていました。

明日は最終戦です。優勝すれば31年ぶりということですから、心情的にはロッテを応援したいのですが、日本シリーズで対戦したい相手となるとソフトバンクですので、心中は複雑です。とても迷っています。

それもこれも、阪神が優勝するからや。阪神さえ優勝せんかったら、素直な気持ちでプレーオフを見れたのに。
(などと、悪ふざけの言える幸せを他球団ファンにも分けてあげたい)


パ・プレーオフ第2ステージ 第4戦
10/16(日)ソフトバンク vs ロッテ (ヤフードーム 18:00)

ロ ッ テ  1 0 0  1 0 0  0 0 0  2
ソフトバンク  0 1 0  2 0 0  0 0 X  3

 吉武(1勝0敗)
 小林宏(0勝1敗)
 馬原(1勝0敗1S)
 [ロ] 里崎 2号(4回ソロ)
   [ソ] ズレータ 1号(2回ソロ) 2号(4回2ラン)
[PR]
by beertoma | 2005-10-17 05:46 | その他スポーツ


<< パ・プレーオフ第2ステージ 第5戦 秋華賞・予想と反省 >>