日本×ヨルダン

某月某日

アジアカップ準々決勝の日本×ヨルダンを見る。PK戦の醍醐味を満喫した。高校野球の横浜×PL学園を見たときのような、「いいもの見させてもらった」という満足感があった。

地上波で見ていたのだが、日本選手へのあの凄まじいブーイングはどこまで本当なのだろうか。プロ野球中継などでも、外野席の応援が放送局によって全く違って聞こえることがある。視聴者の中国に対するイメージを操作しようとして、テレビ局が音量を調節しているのかもしれない。まあ、これは勘繰りすぎだとしても、「テレビはしょせんテレビはしょせんテレビ」という呪文を忘れないようにしなければ。
ブーイングがテレビで見る以上にひどいものだったとしても、日本代表がたくましくなるチャンスと考えればいいのかもしれない。
って、選手は大変でしょうけど。お疲れさまでした。
[PR]
by beertoma | 2004-07-31 23:45 | その他スポーツ


<< 「思想なんかいらない生活」 勢古浩爾 「高い窓」 レイモンド・チャン... >>